MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

冷茶と温茶

 

Y: 社食にいくと、中身の見えない冷茶と温茶のタンクが置いてある。

M: うん。

Y: 今の季節は、圧倒的なスピードで冷茶からなくなる。

M: 暑いからね。

Y: 社食の客は、一回冷茶タンクのレバーを空振らせてから、仕方無く温茶を汲んでる。

M: 冷茶タンクを傾けて、無理矢理汲んでる人も見かけるね。

Y: 頃合いを見計らって、社食のおばちゃん登場。

M: うん。

Y: おばちゃんが来る頃には、温茶も無くなってる。

M: うん。

Y: おばちゃんとしては、冷茶も温茶も同じように売り切れたと考え、また温茶と冷茶を持ってくる。

M: まあ、そうなるよね。

Y: 客としては冷茶2がほしいのに、温茶1冷茶1が出現。

M: おばちゃん、頃合いが見計れてないよね。

Y: タイミングがズレたがために、需要と供給のバランスが崩れてる。

M: 他にもそういうのあるの?

Y: 大して美味しくもないパンが、コンビニで売られ続けているのもいっしょだよね。

M: 美味しそうなのがなくても仕方無く買うよね。

Y: 大して面白くもない番組が流され続けるのもこれ。

M: どのチャンネルも面白くなくて、仕方無くかけてる場合もあるね。

Y: 供給側は気づいててやってる。

M: どういうこと?

Y: 手を抜いてもいいところをつくる。

M: ダメ企業じゃない。

Y: 優良企業だよ。

M: どうして?

Y: 手を抜くということは、原価が安くなる。

M: そうだね。

Y: 値段が同じ、美味しいパンとイマイチなパンがあったとする。

M: うん。

Y: 美味しいパンが原価100円で、イマイチなパンが原価50円なら、イマイチなパンをたくさん売りたい。

M: 美味しいパンをたくさん売ってよ。

Y: 美味しいパンを買いに来た客は、売り切れていたらイマイチなパンを買ってしまう。

M: 美味しいパンは撒き餌?

Y: 美味しいパンを増やしてほしいなら、イマイチなパンを買ってはいけない。

M: 他にないんだし、仕方がないよ。

Y: 消費税なんてどうでもいいから、原価を書くようにしたらどうだろう。

M: どうでもよくはないよ。

Y: 原価が2倍も違うと分かれば、さすがに、イマイチなパンは買わないと思う。

M: 原価に近い価格設定のものが売れるだろうね。

Y: 牛乳パックなんかに、私たちが搾り取りました、とか書いてるじゃない。

M: うん。

Y: 私たちがいくら搾り取りました、と書いた方がいい。

M: 人件費まで書くの?

Y: この商品を買うことで、どこがいくら儲かるかを明記。

M: 売れ行きが一気に悪くなりそう。

Y: エネルギー665kcal・炭水化物48.0g・たんぱく質32.5g。

M: うん。

Y: 原価50円・店舗60円・明治75円。

M: 知りたくないよ。

Y: エネルギー665kcal・炭水化物48.0g・たんぱく質32.5g、毒素0.2g。

M: なに毒素って。

Y: 原価50円・店舗60円・雪印75円・社会的信用priceless。

M: もう忘れてあげようよ。

Y: イチローのサインボールに、イチロー200円・店舗300円。

M: 夢が台無しね。

Y: 中には、店舗500円。

M: 偽物?

Y: ディズニーの入場券に、ミッキーの中の人25円。

M: 中の人とかやめようよ。

Y: 中の人(真島)5円・中の人(渋沢)5円・中の人(安藤)5円。

M: 中の人は日本人なんだ。

Y: 中の人(パチョレック)10円。

M: なんでパチョレックは高いの?

Y: 助っ人外人だからね。

M: 結局、需要と供給だけでは、値段は決まらないということね。

Y: いかに需要の無いものを供給して、売り切るかがポイント。企業ではよく「需要を創造する」と言い換える。

M: ちょっと違うと思うけど。

Y: 社食に冷茶が2つ並ばないのも、企業戦略なんだろうか。

M: あれは、胃をあんまり冷やさないように、とおばちゃんが気を遣ってくれてるのかもしれないよ。

Y: そんな気遣いができるのなら、あの油の塊のようなメニュー群を何とかしてほしい。

M: 普通の食堂より、よく燃えそうだもんね。

Y: あの社食では、厚いコロモを作る者こそが英雄。

M: エビフライで、エビの長さを倍にする人もいるね。

Y: まさに、需要を創造している。

M: それは、どちらかというと詐欺だと思う。

Y: 油が多すぎて、クロサギも喰えない。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

スポンサーサイト

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。