MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

地デジ

 

Y: 地デジ買ったら、国から2万円出すという法案を検討しているらしい。

M: 買い替えちゃった人、かわいそうじゃない?

Y: とりあえず、この法案がどうなるか分かるまでは様子見ですね。

M: 私はこれを機にテレビ見るのやめようと思ってるんだけど。

Y: まあ、それが正しいかもね。本当に時間の無駄だし。

M: でも、あんたは地デジにするんだよね。

Y: 僕はテレビっ子ですから。ネットとかクリックするのうざい。垂れ流してもらった方がいい。

M: どこまで面倒くさがってるのよ。

Y: マスコミ様がフィルタをかけた優良情報で、お好きな色に洗脳していただきたい。

M: いまいち、染まりきってないよね。

Y: そもそも地デジにしないと、何が困るのか。

M: 電波を有効利用するとかいう話じゃなかったっけ?

Y: アナログのままでも有効利用はちゃんとできます。地デジならではのメリットではない。

M: きれいな映像とかは?

Y: きれいな映像を見たい人は、あとでブルーレイでも買ったらいいじゃん。

M: じゃあ、何のためにやるのよ。

Y: 誰かが得をするからやるんでしょうね。法の動く時は、誰かが儲かる時。

M: 儲かるカラクリでもあるの?

Y: 電波利用に関しては、すでにいろんなところで荒稼ぎされてる。

M: どういうこと?

Y: 電波は国民の財産だから、道路特定財源みたいに電波に関しても財源があって、予算計上もされるんだけど、当然のごとく中身はブラックボックス。

M: でもテレビ局とかは、電波を使うわけだから国にお金払うんだよね。

Y: それがもう、ほとんどタダ同然で使っているようなもの。今の日本の電波料金を支えているのは、携帯電話料です。

M: それって、結局私達が払ってるようなもんじゃない。

Y: テレビ局の社員が日本で一番平均収入が高い理由の一つはこれ。そしてそういうことは、当たり前ですが報道されません。

M: 地デジになると、さらに甘い汁を吸う人が出てくるの?

Y: いろいろあるだろうけど、一番ひどいのはB-CAS方式。地デジのテレビ買っても、B-CASカードを挿さないと映らない。

M: なんでそんなカードがいるの?

Y: コピーワンスとかダビング10とか、聞いたことあるでしょ?

M: 聞いたことだけはね。

Y: 要するに、録画したものをコピーできない仕掛け。ダビング10と言っても、録画→DVDの次のコピーはNGです。10世代コピーとかではない。

M: 著作権ってこと?

Y: コピー禁止するくらいなら、初めからテレビ放送なんてしないで、コンテンツで売ればいいのに。

M: で、コピー禁止とB-CASはどう関係あるのよ。

Y: 放送局が「コピー禁止」とかのルールをつけた放送を暗号化して発信するのね。で、そのルール通りに動くことが確認できた機器に対して、B-CASカードが同梱される。

M: B-CASカードが無いと、暗号を解除できないという仕組みなのね。

Y: このB-CASカードが1枚普及すると、B-CASの団体に1,000円弱落ちるみたいです。この代金は、機器を買う時にひっそりと我々が負担することになります。

M: やっぱり、こういう団体って、天下り団体とかなんだろうか。

Y: しかし、B-CASカード自体の暗号解除データをサーバから配布して、B-CASカード無しでも視聴可能な機器が登場。

M: B-CASの存在価値が無いじゃない。

Y: もはや意味が無いけど団体を潤すには必要だから、日本のメーカーの機器を買うと、もれなくカードが付いてきてしまいます。

M: そんなの聞くと、なおさら地デジにしようと思わなくなるんだけど。

Y: まあ地デジなんて、ほんの序章にすぎないからね。

M: どういうこと?

Y: ヒンドゥーの教えに五大という考え方がある。「地」「火」「水」「風」「空」

M: まさか、これからあと4つ出るとか言いだすんじゃないでしょうね。

Y: 空デジはもうある。地上デジタルに対して衛星デジタル。すなわちBSデジタルとCSデジタルです。

M: いつからBSやCSを空デジと呼ぶようになったのよ。

Y: これについては、草なぎ君が毛を抜いている。

M: 手を抜いているだよね。

Y: 一応、2021年までに火デジにしないとダメなんで。

M: 火デジは、テレビが燃えるの?

Y: 火曜日しか映らない。

M: 亀梨君のドラマが見れるからいいや。

Y: 蘇った火サスしか映らない。

M: なんで火サス専用テレビに劣化するのよ。

Y: 次いで2031年までに、水デジに移行です。

M: これは水曜しか映らないの?

Y: テレビから水が出ます。

M: じゃあさっき、火を吹いときなさいよ。

Y: 滝効果でマイナスイオンも出るよ。

M: いらないから。

Y: そして2041年には風デジ対応。

M: 今度は風が出るでいいんだよね?

Y: それでいいよ。

M: 今決めないでよ。

Y: マイナスイオンも出るよ。

M: 火・水・風と全くうれしくないよね。

Y: その反省を踏まえて空デジです。

M: なんで未来の反省をして、空デジができてるの?

Y: とりあえず、地デジですね。火サスが迫力の映像で見れるのは楽しみですよ。

M: 火サスは、そんなに迫力いらないよね。

Y: そんなことないよ。死ぬ間際にダイイングメッセージ残すところなんか注目だよ。

M: 血で字ね。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

スポンサーサイト

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。