MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

定額給付金

 

Y: 定額給付金がもらえるそうです。

M: 賛否両論あるよね。あんたはどうなの?

Y: よくわかんないけど、とりあえずもらう。

M: ちゃんと考えてもらいなさいよ。

Y: でも、世の中の人だって「反対!反対!」言ってる割には、しっかりもらいますよね。

M: それはそれ。これはこれよ。

Y: そもそも、今回の景気対策の予算は75兆円で、その内訳の一つである定額給付金は2兆円。なぜマスコミはここだけ取り上げ、バラ撒きとバッシングしているのかが分からない。

M: 野党は、75分の2のために、あんなにゴネたの?

Y: 元は税金なんだし、それが国民にバックされるだけなんだから、無駄というわけではないよね。

M: でも、バックする仕掛けにも、税金が使われるでしょ?しかも管理は自治体に丸投げだし。

Y: 地方には1兆円別途いきます。あとは自治体のやり方次第で、使われる税金が変わってきます。

M: 銀行口座を教えてもらって、振り込む形式を取るんだよね。

Y: 基本的にはそうなるみたいね。個人情報がどうのこうの言って、窓口がパニックになりそうだけど。

M: 川崎市とかは、給付金を市に寄付してくださいとかやってるよね。

Y: 市場の活性化という本来の目的から大きく逸脱している。それなら是非、僕に寄付してください。

M: あんたが一番、逸脱しているのよ。

Y: お金を使わせるのが目的なんだったら、やはり地域振興券の方が適切だと思う。

M: 過去に大失敗したじゃない。

Y: 宇多田ヒカルのCDはバカ売れしましたよ。

M: だから、それは地域振興券のせいじゃないって。

Y: 地域振興券は、短期間やったところで大した効果は出ない。振興券を発行する仕組みだって、コストがかかる。

M: 地域振興券をずっとやったらいいってこと?

Y: 有効期限のあるお金であることと、必ずその地域にお金が落ちるということは、長期的に見ると、こないだ言ってた自由貨幣に似てくる。

M: でも、普段もらう給料が、有効期限のあるお金になったら困るよ。

Y: 困らない人たちがいる。

M: 誰よ。

Y: 年金を地域振興券にしてしまえば良いと思う。

M: お年寄りが発狂するよ。

Y: 年金というのは、何度も言ってますが福祉です。自分達が払ったお金が返ってきますというシステムではないのです。

M: わかるけど。

Y: 贅沢するお金ではなく、死なない程度のお金があれば十分なはずです。年金を貯蓄する必要は全くないので、地域振興券ととても相性が良い。

M: あんたが年金をもらう頃になったら、必ず違うこと言い出すよね。

Y: 年金を地域振興券にすると決めてしまえば、今回の定額給付金も同じ仕掛けを使えるから、地域振興券で配りやすい。

M: でも、今回はあくまで現金給付だよ。

Y: しかも、汗水たらして税金を納めている我々が1万2千円で、なんで、老人やゆとりが2万円なの?これでは定額給付じゃないよ?

M: ダブル定額だよ。

Y: 定額じゃないなら、変動制にすればいい。給付金は総額2兆円だから、一人だけ2兆円もらうとか。

M: 2兆ももらって、どうするのよ。

Y: 日清を買収して、カップヌードルに「あの肉」を取り戻す。

M: 全く景気と関係のない行動だよね。

Y: 指名制とかどうだろう。自分や身内以外の誰かを指名すると、その人に1万2千円渡る。

M: 今だったら、イチローの取り分が相当多いと思うよ。

Y: 2000万円くらいですかね。

M: それは小沢一郎だよね。

Y: イチローは、決勝まで不振のフリしてただけ。今まで普通に実力出してたら、あそこは敬遠されてる。

M: でも、4ヶ国に勝って世界制覇というのも、微妙な世界大会な気もするよね。

Y: 中韓韓 キュー韓キュー韓 アメリ韓 (よみ人しらず)この句を作った人に、1万2千円渡したい。

M: 実際は、友達同士で指名し合って、お互いが1万2千円ゲットで手打ちでしょ。

Y: 友達がいない人は、どうすればいいのですか?

M: 私が1日だけ友達になってあげるよ。

Y: あなたはそう言って、いろんな人に声かけますよね。10人にちょっとそう囁くだけで、12万ゲット。

M: 1人しか指名できないんだから、9人裏切ることなんてできないよ。

Y: 10人裏切るんですよね。

M: わかってらっしゃる。

Y: そういう駆け引きがお好みなら、2万円指名権を持つ、ゆとりと老人もターゲットにした方がいい。

M: 彼らが指名されたら、2万円もらえるわけじゃないんだ。

Y: 5歳の子とかをちょっと言いくるめれば、楽に2万円ゲットですよ。

M: 2万円送られてくる代わりに、書類送検されますけど。

Y: 座席なんかも譲りまくりですよ。

M: もう指名後のお年寄りだったら?

Y: キャッシュで2万円もらいます。

M: 座席を売ってるだけじゃない。

Y: こんな僕でも、誰かを指名しなくてはいけない。

M: よくよく考えると、変な奴に指名されてもキモいよね。

Y: 指名されることもなく、指名することもできず、自分の孤独を再認識させられる指名制定額給付金。

M: 指名制じゃなくて、良かったね。

Y: 国は僕のような人間のことまで、よく考えてくれてる。とても感謝したいです。

M: そういえば、もらった給付金は何に使うの?

Y: 国への感謝の意を込め、心を鬼にして、貴重な税金は、JRAを通じて返そうと思う。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

スポンサーサイト

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。