MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

ゴールデンウィーク

 

Y: ゴールデンウィークです。

M: 毎年ながら、ウキウキするね。

Y: お休みの方がウキウキするとか、社会として何か間違ってないんでしょうかね。

M: せっかくのゴールデンウィークなんだから、そういうこと考えるのはやめようよ。

Y: ゴールデンウィークは和製英語です。

M: なんか、映画業界が作ったとかなんとかだよね。なんでまた、ゴールデンなんて言葉を採用したんだろう。

Y: 金の純度は、知っての通り24分率で表す。

M: 18金だったら、18/24で金の含有率が75%ってことだよね。

Y: 純金が24金。すなわち完全なる黄金週間は24連休ってことです。

M: 完全なる黄金週間の後は、会社に席が無くなって、完全なる暗黒週間になるよ。

Y: 不完全な黄金週間を英語にするとどうなるか。

M: そんな英語ないでしょ。

Y: 「黄金の」という形容詞は、英語で gold と golden の2種類が存在する。

M: どう違うの?

Y: goldは、本当に金でできたものを指す。goldenは、金ではできていないが、金のようなものを指す。

M: なんか、golden というのは、偽者くさいね。

Y: だから、golden の方を採用して、ゴールデンウィークとしたのです。きちんとした日本語は「黄金っぽい週間」となる。

M: 映画業界に怒られるよ。

Y: 「黄金風週間」とか「黄金的週間」でもいいよ。

M: よくないよ。

Y: そもそも、なんで「黄金」なんですかね?

M: ん?

Y: 「金」でいいじゃないですか。黄ばませなくても。

M: 黄ばんでるわけじゃないよ。

Y: 「金的週間」でいいじゃないですか。

M: なんで、そんな悶絶しそうな週間にしちゃうのよ。

Y: 金が「黄金」なら、銀は「白銀」で、銅は「青銅」だよね。

M: そうなの?

Y: 聖闘士星矢では、黄金聖闘士>白銀聖闘士>青銅聖闘士の序列だよ。

M: ごくせんだと、白金学院→黒銀学院→赤銅学院だよ。

Y: 白金はプラチナだし、黒銀なんて言葉はないよ。鉄のことを「くろがね」と読むけど。やはり、聖闘士説を採用したい。

M: どうでもいいよ。

Y: 黄金比や白銀比というのもちゃんとある。

M: 始めからそっちを言いなさいよ。

Y: 黄金比は美しい比率として有名で、だいたい1:1.618。古代の建造物や美術品に多く出てくる比率。

M: 現代において、こんな比率使ってるの?

Y: この比率は、名刺の比率。

M: 意外に身近なのね。

Y: もっと身近なのが白銀比。

M: そんな比の名前なんて聞いたこと無いけど。

Y: 白銀比の比率は、1:1.4142。要するに、1:ルート2。この比率は、A4とかB5とかのコピー用紙の比率。

M: そんなことを考えながら、プリントアウトしてるのは、あんただけだよ。

Y: こうなると、青銅比というのがあってもよさそう。

M: わざわざ作らなくてもいいよ。

Y: 4:1:2.5。

M: 何か、1つ多くない?

Y: ミニスカートの丈:太もも露出部(絶対領域):ソックスの膝上部分

M: 変態比だよね。

Y: これぞ、絶対領域の黄金比。

M: 結局、黄金比なんじゃない。

Y: 黄金とは、人の心を満たすもの。自分の心を満たすもの、それすなわち自分だけの黄金。

M: じゃあゴールデンウィークは、自分次第で黄金にもなるし、灰色にもなるね。あんたは、ゴールデンウィーク何するの?

Y: 人ごみは嫌いなので、基本的には引き篭もりですかね。

M: 黄金とは無縁の時間を過ごしそうね。

Y: 64のゴールデンアイをやって、ゴールデンエッグスを見て、ジョジョの第5章読んで、ゴールデンタイムに楽天ゴールデンイーグルスを応援してればよい?

M: やっぱり、それは引き篭もってるよね。

Y: でも、今日ちょっと買い物に出たら、横浜はキーボードの「UからQ」でしたよ。

M: 分かりづら言い回ししないでよ。豚インフルエンザの影響じゃないの?

Y: あれ、検査が生ぬるいよね。熱や咳が無いと検査しないとか。成田にやってきた旅行者は、ほとぼりが冷めるまで地下軟禁でいいんじゃないの?

M: あんたは本当に他人の幸せを妬むよね。

Y: ウキウキしている人を見ると腹が立つので、重大な事実を発表します。

M: 余計なことは言わなくていいよ。

Y: 錬金術は等価交換が原則。

M: それはハガレンの設定だよ。

Y: 無から有は作れない。黄金週間で作り出された黄金は、必ずやその代償が必要となる。

M: 何その代償って。

Y: ゴールデンウィークが終わると、7月まで祝日はありません。

M: わざわざ、連休明けに五月病を促進させるようなことを言わないでよ。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

スポンサーサイト

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。