MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

クリスマス3

 

Y: 天皇誕生日アフターですね。

M: クリスマスイヴよ。

Y: 今年の冬も始まってしまいました。

M: とっくに冬じゃないの?

Y: 暦の上では、クリスマスからバレンタインまでが冬です。

M: そういう意味では、あんたは永久凍土じゃない。

Y: なぜ、いつの間にか、クリスマスが恋人の日となってしまったのか。

M: 別にいいじゃない。

Y: クリスマスとはそもそもキリストの降誕を祝うものであり、恋人がどうこうとは、全く関係無い。

M: それは、前にさんざん聞いたよ。

Y: 1.キリスト降臨
 2.聖ニコラウスによるサンタクロース伝説
 3.項1と項2のちゃんぽんによる、クリスマスの骨格の完成
 4.クリスマスは家族で過ごす風潮に
 5.家族を重視しない代わりに恋人と過ごすことがスタンダードに

M: あんたほどクリスマスをよく知っている人間はいないと思うよ。

Y: 敵を知ることこそが、戦いに勝つ第一歩。

M: 何と戦ってるのよ。

Y: 項1と項5だけを見ると、風が吹けば桶屋が儲かり、蝶の羽ばたきが嵐に変わる有様。まさかキリストさんも、こんなクリスマスになるとは夢にも思わなかったことでしょう。

M: 毎年自分の誕生日に、こんなにネチネチ言う人間が存在することに驚いてると思うよ。

Y: 項5を実現させないためには、過去に戻ってどこかをつぶす必要がある。

M: 過去に戻れるなら、自分を変えて、恋人ができるようにすればいいじゃない。

Y: そういう「自分さえ良ければ」という考え方はよくないと思います。

M: ごめん、あんたはどうやって変えても無理だね。

Y: やはり一番手っ取り早いのは、キリストの生誕阻止ですかね。

M: キリストがラスボスみたいになってるんだけど。

Y: コクーンのファルシは神を迎えるために、パルスのファルシのルシを利用する。ファルシのルシは、それに抵抗すべく立ち上がる。

M: FF13のすごいところは、ネタバレされても全くわからないことね。

Y: 神の降臨をブロックするためとはいえ、正義の味方としては手荒なマネはしたくはない。

M: どこが正義なのよ。

Y: ここは紳士的にマリア様の前に現れ、キリストを身ごもる前にマリア様とお付き合いするのがいい。

M: あんたは今の世界でも誰にも相手にされないのに、マリア様が惹かれるわけないでしょ。

Y: ダルビッシュ有を連れていく。

M: マリア様は既婚者とはお付き合いしてくれないよ。

Y: じゃあ、ダルビッシュ無で。

M: 他人の名前をスイッチみたいにしないで。

Y: お付き合い作戦が失敗した場合、産まれてきたキリストは僕が育てる。

M: やめて。

Y: そして子ども手当をもらう。

M: それが目当てなんじゃない。

Y: 少し大きくなったら、子ども店長にして、がっつり稼いでもらう。

M: 子から手当だよ。

Y: 子ども店長「宗教は免税、補助金も!」

M: なんてことを言わせるの。

Y: 何事も、信じ過ぎることも全く信じないこともよくないと、丁寧に指導。

M: 神の子なのに、特徴のない子にしないで。

Y: こうしてキリストは普通の人として一生を終え、西洋の宗教の大半が世界から消える。聖書は店長の日誌となる。

M: ずっと店長やってたんだ。

Y: 宗教が消えることによって、その後の歴史の戦争も減るかもしれない。

M: たとえキリストが現れなくても、ほかの宗教が台頭するだけだよ。

Y: じゃあ、項1をつぶしてもあまり意味がないってこと?

M: たぶんね。

Y: 項2のサンタクロースは、恋人とは無関係ですね。サンタ狩りをしても意味が無いことにようやく気づいた。

M: でもユーミンは「恋人がサンタクロース」と言ってるよ。

Y: 確かに恋人はサンタクロースかもしれません。幻想ですものね。

M: そういう歌じゃないよ。

Y: やはり項4の家族から項5の恋人にいたるまでのプロセスに大きな問題がある。

M: 家族が近くにいない人は恋人と一緒にというのは、自然な流れじゃないの?

Y: だったら、項4にターゲットを絞ろう。クリスマスは孤独に過ごすのが正しいという認識にすれば、項5に派生しない。

M: そんなの変えようがないんじゃないの?

Y: そこで項1と項2にも手を加える。キリストは誰にも見られることなく孤独に誕生。すなわち孤独こそが神秘ということにする。

M: あんたは毎日が神秘じゃない。

Y: あなたは毎日が便秘ですよね。

M: ちがうから。

Y: 項2については、1年間孤独でいた者に対してのみ、サンタクロースが救いの手をさしのべるという伝説に改正。

M: 改悪だよ。

Y: これにより、クリスマスは誰かと一緒に過ごすことは邪悪であるという新骨格の誕生。

M: 江戸時代にいってペニシリンを作るとかしている人もいるのに、あんたはどうして過去をいじってまで周囲を不幸にすることを考えるのよ。

Y: 他人の不幸で救われる人もいるのです。

M: なんという邪教。

Y: そういうわけで、聖なる夜は宗教上の理由で一人で過ごすことにします。

M: 一人で何をするのよ。

Y: サンタクロースになって、暗闇に紛れて、孤独な女子に救いの手をさしのべるのです。

M: 変人がサンタクロース。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

スポンサーサイト

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。