MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

東日本大震災

 

Y: ポポポポ~ン♪

M: もう、それ、やめて。

Y: あれは、1号機~4号機までの爆発を表現した歌なんだよね?

M: シャレになってないよ。

Y: あんなに流すから、頭がおかしくなる。

M: 東京エリアの人は逃げた方がいいの?

Y: さあ。

M: さあって、生命が懸かってるんだから、もうちょっと真面目に考えなさいよ。

Y: そんなこと考えるの、面倒じゃないですか。

M: あんたは、どこまで面倒くさがりなのよ。

Y: じゃあ、逃げた方がいいと仮定して、逃げられる?

M: どういうこと?

Y: 逃げるということは、今の仕事を放棄する、つまり今の生活からドロップするということです。

M: そんなこと言ってられない事態かもしれないじゃない。

Y: 今の日本で一度ドロップすると、まあ、死んだに近いですよ。被曝するより死に近づく。

M: 日本のサラリーマンって、本当によくやるよね。

Y: 前向きな人はいるとは思うけど、東京のサラリーマンは、できれば逃げたいのに「仕方なく」働いてる人もいると思いますよ。

M: そんなのあんただけだって。

Y: 会社が「逃げてOK」と言ってくれない限り、絶対に出社するしかない。そうしないと確実に死ぬから。

M: でも、まだ国が「逃げて」と言ってないんだから、安全なんじゃないの?

Y: 安全か危険かなんて問題ではないんですよ。労働者は資本家に従うことしかできない。それが日本のサラリーマンです。

M: そんなんでいいの?

Y: 「ヤシマ作戦」展開中なんですよね? 目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標を、、、

M: そういう作戦じゃないよ。

Y: 仕方がないですよね。もっと労働の価値が見直されて、気軽にジョブチェンジできるような国であれば、自分の考えで辞めることもできますけど。

M: じゃあ、あんたがサラリーマンじゃないとしたら、逃げるの?

Y: 僕はサラリーマンなんで、そんなことを考える必要はないです。

M: 腹立つわー。

Y: ただ、被災地でもないのに、逃げてから安全になって戻るのは、なんか卑怯だと思います。

M: なんで?

Y: 人が存在することで、ある程度の治安が守られますし、その場所は活性化します。つまり街は人がいないと死んでしまう。

M: 街を見捨てた人は、もう戻ってくるなと言うこと?

Y: 簡潔に言うと「自分が逃げられないから、逃げたやつはずるい」ということです。

M: 聞くんじゃなかった。

Y: 自分の行動の選択肢がないのに、あれこれ考えるのはとても無駄です。どうせ考えるなら、他のことを考えましょうよ。

M: 他に、何を考えろっていうのよ。

Y: エネルギー問題。

M: まさか電気が自由に使えなくなる日が来るなんて、思ってもみなかったね。

Y: もうこれ以上原発を作る空気じゃなくなってしまった。原子力に替わる、新しいエネルギー源を見つけなくてはならない。

M: 最近、いろいろあるじゃない。太陽光とか潮力とか地熱とか。

Y: EGSと呼ばれる新型の地熱発電、あるいは、メタンハイドレートという日本で採れる新資源にも注目されてます。

M: なんかいけそうじゃない。

Y: いずれにしても、原発の替わりがつとまるようになるには、当分先の話です。

M: じゃあ、どうすんのよ。

Y: この世に価値のあるものは3つある、と4年前に言いました。

M: 金とイケメンとあと何だろう?

Y: あなたは、4年前と全く同じ回答をしてます。

M: 4年前のことなんて覚えてないよ。

Y: 物質とエネルギーと情報です。

M: で?

Y: 今は物質からエネルギーに変換する技術がありますが、情報からエネルギーに変換できたらどうでしょう。

M: そんなことできるわけないじゃない。

Y: 情報の中でも、感情はエネルギーにしやすそうじゃないですか。

M: どこのインキュベーターよ。

Y: 国民の民主党への怒りがエネルギー化し、あの地震が起きたという説もある。

M: 無いよ。

Y: 西野カナがついに「会った」という説もある。

M: 会いたくて会いたくて、震えてたからね。

Y: バ撲委の調査によると、チョコレートをもらえなかった怨念のためというレポートも出ている。

M: バ撲委の報告はいらないから。

Y: 感情というと、主に喜怒哀楽だよね。それぞれをエネルギー化しましょう。

M: 喜び発電所とか怒り発電所とかができるの?

Y: そう。喜び発電所は、合格発表とかの掲示板に設置しましょうか。

M: それは哀しみ発電所も設置されちゃうよね。

Y: 哀しみ発電所は、葬儀場でしょうね。

M: これって、どのくらい哀しまれてるかとか、数字で出ちゃうことになるよね。

Y: もう僕の葬式なんか、二重の意味で哀しいことになりそう。

M: これって、感情をエネルギーに換えたら、感情は消えちゃうの?

Y: もともと感情って揮発するもんです。だから、エネルギーに変換してもしなくて同じ。

M: でも、ずーっと怒ってる人とかいるよね。

Y: それは揮発したそばから、また怒りが湧き出てる。怒りの永久機関。

M: 感情の中でも、怒りが一番採取しやすそうだね。

Y: 最近の怒りは、やっぱり「買いだめ」ですよ。

M: あー、ホントに何も売ってないよね。

Y: なぜ、今買うのか。買いだめしておくなら「震災前」です。つまり、買いだめしてなかった時点で、負けなわけです。

M: 勝ち負けがあるの?

Y: 試合は終わっているのに、勝手に延長戦にして戦ってる。諦めたら試合終了なんじゃなくて、試合終了なのに諦めが悪い状態。

M: 言い過ぎだって。

Y: あとは、エーシーエーシーエーシーエーシー。

M: こだまでしょうか。

Y: Attack Chance !

M: そのACじゃないし、そのこだまでもないよ。

Y: ACじゃなくてJC出せっていう話ですよ。

M: そんなことを怒る前に、普通、政府とか東電責任者とかに怒るもんじゃないの?

Y: その点については、もう呆れている段階なので、エネルギー変換不可能ですね。ウンコに対して怒りとか覚えますか?

M: まだ怒っている人も大勢いるよ。

Y: その怒りをエネルギーに換えてください。

M: どうやって?

Y: 結局、今できることをするしかないわけです。

M: 何をしたらいいのよ。

Y: 寄付ですね。

M: どこに寄付したらいいの?

Y: 自治体あるいは日本赤十字社に直接。またはそこに全額寄付すると明記してある基金に。

M: それ以外の基金はダメなの?

Y: 中抜きは確実でしょうね。ドラえもん基金とか、まさに四次元ポケット。

M: 中抜きされていても、例えば芸能人が作った基金であれば、それによって普段寄付しなかった人もすることになるわけで、結果的にプラスじゃないの?

Y: だったら、その芸能人は基金なんか作らずに、ファンに対して「自治体に寄付して」と誘導するだけでいいはずですよね。

M: まあ、そうね。

Y: 寄付を集める側の動機には口うるさいですけど、寄付をする側はどんな不純な動機でもいいです。お金はお金。

M: 不純な動機の寄付って何よ。

Y: 例えば、見栄を張るために募金したとか、募金するつもりは無かったんだけど、ほしいものの売上が募金対象になっていたとか。

M: 税金対策で募金する人もいるよね。

Y: そういうのは、どんどん奨励すべき。ほしいのは善意ではなく、お金ですからね。

M: 言い方がいやらしいんだよ。

Y: そういうわけで、鶴を被災地に送りましょう!

M: どこのアグネスよ。

Y: あなたのお財布にも、鶴はいるはずですよ。

M: 大人の千羽鶴ってやつ?

Y: 鶴は英語で「crane」という。

M: Adult Cranes.

Y: エーシー。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

スポンサーサイト

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。