MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

風邪

 

Y: ♪カゼにーなりーたいー

M: どうしたの?

Y: 会社を休みたいです。

M: バカは風邪をひかないから無理だよ。

Y: バカは風邪をひかないんじゃなくて、風邪に気づけないんだよ。

M: あんたは、そういうのは無駄に気づきそうね。

Y: 僕は他人の病気にまでちゃんと気づいてあげられる。例えば、ニンテンドーDS「iLL」 illは病気ってことだよね。

M: 変なところで切らないで。

Y: 「病は気から」とか言うけど、あれはウソだね。こんなにも会社に行きたくないというのに。

M: 休んでも仕事が溜まるだけだから、無理して出た方がマシだよ。

Y: 仕事が溜まっているなら、また風邪をひけばいい。

M: あんたはクビでいいよ。

Y: ♪千の風邪になーってー

M: 何回、風邪ひいてるのよ。

Y: ♪風邪の谷の ナウーシカー

M: 確実に風邪がうつりそうね。

Y: そう。風邪は人にうつるから、出社しない方がいいよ。

M: 風邪ってウィルスだっけ?

Y: 風邪はほとんどがウィルス感染です。

M: そもそもウィルスって何なの?

Y: ウィルスは生物かどうかも怪しい。DNAは持ってるんだけど、細胞を持ち合わせていません。

M: でも、感染するってことは、増殖するわけよね。

Y: 他の生物の細胞に乗り移って、その生物の細胞分裂でウィルスDNAのコピーを作る。これがウィルス増殖の基本です。

M: 他力本願であんたのようね。

Y: この増殖ロジックは、資本家様のお金と同じですね。活きのいい細胞(労働者)にお金を貼り付けて、細胞分裂(労働)で増殖。

M: 労働をそんな悲しい視点で捉えないでよ。

Y: 今の資本主義は、ウィルスに細胞がやられてしまい、もう細胞分裂する元気がないです。

M: 人間もウィルスに細胞がやられたりするんだよね。

Y: そうならないように、いろんなシステムが人間には組み込まれています。普段の生活ではウィルスや細菌に感染しないよう、人体はコーティングされてる。

M: そのコーティングが破られたらどうなるの?

Y: 細胞がウィルスに利用されだし、風邪の諸症状が出てきます。人体側は次の手を打ち、ウィルスと戦うことになります。

M: 初めから、その次の手とやらをやればいいじゃない。

Y: そうはいかないのです。風邪のウィルスは熱に弱いんで、次の手は発熱になります。最初から熱出してたら、しんどくてやってられない。

M: 熱ってウィルスが引き起こしているんじゃないて、人間が起こしているの?

Y: そう。だから解熱剤なんかを投入すると、ウィルスと戦うための貴重な武器を失うことになります。

M: じゃあ、なんで解熱剤なんてあるのよ。

Y: 熱が出るとしんどいんで、戦うタイミングを先延ばしにするためです。あと40度近くの高熱が出た場合は、諸刃の剣となるので刀狩り。

M: 先延ばしにして、ウィルスが体内で拡大しないの?

Y: 広がるから会社になんかいないで、さっさと帰った方がいい。

M: あんたはさっさと帰ってるよね。

Y: 風邪の一番の対処は、体力のある大人だったら、きっちり発熱させ、エネルギーをどんどん発熱に回せるよう、安静にしていることです。

M: 身体は暖めた方がいいの?冷やした方がいいの?

Y: やや暖かめで。厚着をして汗を無理やり出すとかは、体力を無駄に消耗します。冷やすのは、せっかく火をおこしたのに水をぶっかけるようなもんだよ。

M: 冷えピタとかは?

Y: あれは気持ちがよいだけです。冷やすことにすらなっていません。そもそも冷やす必要がないんだから、商品価値すらないです。

M: 気持ちがいいんだから、あってもいいじゃない。

Y: あと、風邪薬を飲んでも、風邪をひいている期間に変わりはないです。症状が多少和らぐだけで、ウィルスが死なない限り風邪は治らない。

M: ウィルスを殺す薬はないの?

Y: インフルエンザウィルスには、抗ウィルス剤であるタミフルなんかがあります。風邪のウィルスは多種類なので、汎用性のある抗ウィルス剤がいるんだけど、まだない。

M: それでもウィルスをやっつける薬はほしいよね。

Y: そろそろ新型兵器を出してきてもいいと思うんですよ。

M: どんなのよ。

Y: なんちゃら.exeとか。

M: 相手は、コンピュータウィルスじゃないよ。

Y: たまにブルースクリーンになります。

M: 真っ青ってこと?ダメじゃない。

Y: 再起動が必要です。

M: 死んじゃうよ。

Y: ウィルス軍も着々と日本を乗っ取ろうとしています。

M: いつから軍になったの?

Y: 鳩ポッポは宇宙人説が根強いですけど、僕はウィルス感染説を推しますね。

M: 根強くないんだけど。

Y: CO2の25%削減なんて、まさにウィルスが言わせたものです。奴らは熱が苦手ですからね。

M: あれ、どうやって実現するの?

Y: 民主党に入れた人が全員ずっと息を止めていれば、25%くらいカットできるかもよ。

M: その言い方は、なんか卑怯だよ。

Y: 僕はどこにも投票していないから、言いたい放題です。税金もきちんと払ってますしね。

M: あんたの思考を持ったウィルスだけは、広めてはいけないね。

Y: 友愛ウィルスよりはマシですよ。息を吐くように嘘をつく。子供に嘘をつかれても「総理大臣だって嘘をついてるよ」と言われたらどうします?

M: だからといって自民党.exeは叩きたくないよね。

Y: 違うウィルスが拡散しそうです。

M: ウィルスだらけの世の中じゃ眠れない。

Y: 頭が不毛地帯で沈まぬ太陽だけど、隕石から地球を救ったりまでする、NY市警のオッサンに救ってもらうといいです。

M: それは、ブルース・ウィリス。ウィルスじゃないよ。

Y: じゃあ、60億の人々の命を根絶やしにしたウィルス感染の中生き残った、というオッサンに救ってもらうといいです。

M: ウィル・スミス?

Y: ウィルス・ミス。ウィルスのミスだよ。これほどよくできた配役はないね。

M: ダジャレじゃない。しかも得意げ。

Y: 安心できるように、ウィルスに色をつけましょう。細胞に感染したら着色です。

M: 風邪のウィルスは青とか、新型インフルは赤とか?

Y: 友愛ウィルスは、エコを主張してるので緑にしましょう。緑の人は、片っ端から電子ジャーに封印です。

M: 魔封波って、使い手は死ぬよね。

Y: 自民党のお仕事です。

M: どこに投票したら、美白になれるの?

Y: いつも白くてお美しいですよ。

M: どうしたの?熱でもあるの?

Y: 風邪をひいたようです。

M: 大丈夫?早く帰った方がいいよ。

Y: どうしたの?熱でもあるの?

M: 私が早く帰りたいだけだよ。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。