MとY

 
 
 
 
 
 

事故米

 

Y: ♪KOME WAR KOME KOME WAR KO KOME WAR

M: すごいの出してきたね。

Y: なぜ、事故米なんぞが流通するのか。

M: なんで?

Y: むかしむかし、日本は減反政策を始めました。

M: なんだっけそれ?

Y: 国がコメの生産量を仕切るわけですよ。作り過ぎないように。

M: それやめると、どうなるの?

Y: たぶん、たくさんコメができるようになって、安くなるだろうね。

M: なんか、キャベツをショベルカーでつぶす、みたいなことになりそうね。

Y: こうして、田んぼがどんどん無くなっていきました。おかげで不作の時に、タイ米を食べたのは、記憶に新しいところです。

M: まあ「KOME KOME WAR」よりは新しいね。

Y: そこにアメリカが、自分のところをコメを買え、と脅してきました。米国だけに。

M: 余計なことは言わなくていいよ。

Y: 日本はアメリカの従属国ですから、コメについてのミニマム・アクセスを認めました。

M: なにそれ?

Y: 最低コメをこれだけ輸入することにしますっていう目標値。

M: なんで作りすぎを気にしてるのに、輸入するのよ。

Y: 自動車とかを輸出する代わりらしいよ。あんな殺人兵器を作らなければ、全て解決なのに。

M: それとこれとは、話が別でしょ。

Y: で、日本はマゾだから、目標なのに律儀に守ってる。こうして輸入されたコメを「MA米」と呼んでます。マゾだけに。

M: MA米は輸入義務って、ニュースでやってなかったっけ?

Y: 義務っぽく報道してるだけです。

M: 前置きが長いんだけど。

Y: そのMA米の品質が、まあ、悪いんですよ。輸送する時にカビちゃったりして。

M: それが事故米?

Y: MA米だけに限らないんだけど、もう食べられないものを総称して事故米とか呼んでるのね。

M: そんなのがなんで流通するわけ?

Y: 農水省としては、買っちゃったわけだから、どうにかして売りたいわけですよ。

M: だって、カビてんだよ?

Y: そこに救世主「三笠フーズ」現る。

M: どこが救世主なのよ。

Y: 悪には悪の救世主が必要なんですよ。

M: 救いようもないよね。

Y: 三笠フーズは「工業用のり」のために卸すから、1kg3円で売ってくれという。

M: 農水省はそれを信じちゃったわけね。

Y: 信じたというか、分かってて売ったんだろうね。実際に、工業用のりにはコメなんて使われていないし。

M: そうなの?

Y: ごはんですよは、ごはんじゃないですよ。

M: その「のり」じゃないよ。

Y: 売ったのが農水省で、検査機関も農水省。彼らにとっては、バレたことが事故ですね。

M: 工業用のりだとしても、カビたコメを流通させる神経がおかしいと思うんだけど。

Y: こういうのを死刑にすべき。

M: あんたやってきてよ。

Y: 僕にその手を汚せというのか。

M: もう、どの食べ物が安全か、分かったもんじゃないね。

Y: そうかと言えば、過敏に反応するのもある。マンナンライフの蒟蒻畑なんて、かわいそう過ぎる。

M: あー、おばあちゃんが子供にあげちゃって、喉に詰まったやつ?

Y: 冷凍した蒟蒻畑を孫に与えて窒息死。冷凍したもの与えたら、何だって窒息する。こんなのどう見ても、老婆の殺人罪ですよ。

M: でも、蒟蒻畑が悪いみたいになってるよ。

Y: どこか叩かないと、世間が納得しない。そこで、消費者行政担当相は、いいこと考えちゃう。

M: 誰だっけ?

Y: 「マンナンライフをフルボッコにして、この件どころか事故米のこともウヤムヤにしよう作戦」

M: 考えすぎだって。

Y: マンナンライフに製造停止を迫り、政府は食の安全のことを考えてますよとアピール。事故米のことなんて報道しないで、じゃんじゃんこのニュースやってもらいましょう。

M: そもそも、マンナンライフが喉に詰まらせやすいもの作るから悪いんじゃないの?

Y: 喉にものが詰まって死んだケースで、こんにゃくゼリーが原因なものはわずか1%もない。ほとんどがモチ。これを事故とするのであれば、特に騒ぐ必要はない。

M: こんにゃくゼリーを食べる人より、モチを食べる人の方が多いからじゃない?

Y: だったらなおさら、モチを何とかした方がみんなのためだよ。モチについては、海外への有名な紹介文がある。

M: どんなの?

Y: 「これは日本人が最も愛する食べ物だが、大変危険で、これを食べた為に毎年何人かが命を落としている」

M: 外国人びびるよ。

Y: でも、モチは米じゃないですか。消費減ったらいろんな偉い人が困るし。その点、マンナンライフを叩いても、困る政治家がいないから叩きやすいよね。

M: マンナンライフはスケープゴートってこと?

Y: 別の悪を作って、世間の目を逸らさせる手法は、古代からの政治手法。♪ありがちな罠に つい引き込まれ

M: もう、米米はいいから。

Y: 本当のことを言って失言扱いで政治家やめた人もいるんだから、本当のことをごまかして失政を行なった場合は、どうしたらいいんですかね?

M: 失政ではないでしょ。

Y: そして、政府の思惑通り、もう事故米のことなんて大して論じられなくなりました。こうして「事故米」は「時効米」になっていくのです。

M: うまくないよ。

Y: カビてるしね。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired