MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

満員電車

 

Y: 満員電車がムカつく。

M: 仕方がないじゃない。

Y: 需要に対して適切な料金設定になっていないから、こんなことになる。

M: どういう意味?

Y: みんな7時半の電車に乗りたい。すなわち、7時半の乗車券がほしい。普通、みんなが欲しいものは、料金を高くするよね。

M: お金持ちしか、7時半に移動できなくなるじゃない。

Y: どうせ会社の経費だよ。会社の景気が良ければ、今の始業時間を貫けばいい。

M: 交通費をそんなに出せない会社は、始業時間をズラせってこと?

Y: それが資本主義の原理じゃない。

M: じゃあ、学校とかは?

Y: 貧しかったら、始発で学校に行けばいい。

M: 格差だ。ひどい。

Y: 先着方式の売買も、理解できない。例えば、チケットぴあに10時に電話アタックとか。

M: それも、需要に応じて、料金を設定した方がいいってこと?

Y: どうせ、オークションで一部そうなっているんだし、中間業者がうまい汁を吸うくらいなら、全部そうしたらいいと思う。

M: 貧乏だったら、何もできなくなっていくよ。

Y: いいの。何もしないから。

M: 引きこもりは、そういう時、圧倒的に強いね。

Y: 混むとか待つとか外れるとか、あってはならない。

M: 富裕層は、既にないと思うんだけど。

Y: そういうのを、もうちょっと下流にも落としたい。

M: もっと不幸になるだけじゃない。

Y: 違う。そうすることにより、諦めがつくのが目的。そうなれば、もう無理して満員電車に乗ろうと思わない。

M: チケットぴあに電話する必要もなくなるね。

Y: お金がなくても、何とかなる事象があるから、変な努力をしてしまう。この辺りも徹底して格差を推し進めるべき。

M: 下の立場から格差推奨したのは、世界初だと思う。

Y: もう、乗車券なんかも株式っぽくしたらどうだろう。

M: どんな風に?

Y: 乗車券を全て、全国どこからでも買えるようにする。

M: で?

Y: 売れたら価格が上がるわけだ。株式と一緒。

M: 都心は一気に高騰するね。

Y: ただ、乗車券ってその日限り有効だから、売り抜けないとゴミになる。

M: 絶対にデイトレードしないとダメってこと?

Y: 売買開始直後に一気に高騰して、あとは、緩やかに値下がりするというパターンになるね。

M: それだったら、早起きした者勝ちじゃない。

Y: ゾロ目切符とかは高騰しっぱなしだよ。2007.7.7とか。

M: そういや、何で乗車券に有効期限があるんだろう。

Y: 食べられるから。切符の裏が茶色いのはチョコレート。

M: じゃあ、あんたには、バレンタインに切符をあげるよ。

Y: 恋の片道切符だね。

M: より距離を空けるためのね。

Y: バレンタインに、切符の期限切れ再利用が発覚し、白い恋人達が困る。

M: 白いが余計だよ。桑田さんに怒られるよ。

Y: 乗車券は、永年有効で資産にしてしまったらどうだろう。都心部は常に乗車料金1,000円とかになるかも。

M: 電車ガラガラになるね。

Y: 田舎の区間を高騰させて、誰も乗れなくしたり。

M: そんな嫌がらせ、思いつきもしないよ。

Y: 筆頭株主になれば、その区間の保有者。駅から出ている区間を占有すれば、その駅をゲット。

M: 桃鉄?

Y: 駅をゲットしたら駅長になれる。

M: 駅長になったら、何かいいことあるの?

Y: 松本駅の駅長になって、松潤を1日駅長で呼ぶとか。

M: ボーナスで乗車券買わないと。

Y: でも、満員電車に乗る人って、十中八九、したくもない移動をさせられてるよね。

M: そう?

Y: 好き好んで、こんな電車に乗るわけがない。すなわち、命令されている人達ということになる。

M: ひどい解釈ね。

Y: 命令されるのが大好きなマゾヒズムを除くと、ほとんどの人は、負の気持ちで乗っている。

M: 確かに、あれだけの人がいて、お葬式より静かだもんね。

Y: 満員電車は負け組電車。

M: あんたもその一部だけどね。

Y: そんな負け組の皆さんの傷口に、塩を塗るような案ではいけない。

M: なんで、あんたは勝ち組の立場で発言してるの?

Y: せめて、満員電車に乗る人たちの心が満たされる料金体系にしたらどうだろう。

M: 最初の案とは逆で、7時半は安くするの?

Y: ちょっと違う。移動には2種類の移動がある。移動したくて移動する移動と、そうではない移動。

M: 偉そうに言ってるけど、とりあえず当たり前のことを言ってるよね。

Y: 移動先についたら楽しいことが待っている場合、倍払ってもらう。

M: デートの待ち合わせとか?

Y: あー、そういう甘酸っぱいのは5,000倍でいいですね。

M: あんたさっき、2種類って言ったじゃない。

Y: 改札を通る時に、気持ちを読み取るんで。浮かれてるやつにはガッツリ精算してもらう。

M: あんたは、いつも電車が安く乗れていいね。

Y: 来たるべきクリスマスに備えて、鉄道各社に早くこの料金体系を導入してもらいたい。

M: しなくていいよ。

Y: 白い恋人達に告ぐ。お前達は有効期限切れだ。すみやかに投降し、冬の寒さを共に甘受しようではないか。

M: 多くの恋人達は、私達は永年有効と思ってるよ。

Y: 出会いは別れへの始発駅。

M: そんなだから、そんななんだよ。むしろ、幸せな人だけが7時半に乗れば、混んでもギスギスしないんじゃない?

Y: 僕はどうしたらいいのさ。

M: 始発で行けば?

Y: 格差だ。ひどい。

M: なんでもカップルじゃないとダメ。諦めもつくでしょ。格差推奨。

Y: 幸せ行きの切符は、チケットぴあで売ってないかしら。

M: 安易に手に入れられるものほど、有効期限が短いよ。

Y: 短くてもいいです。せめてクリスマスは。

M: 幸せ行きの列車は、満員でもう乗れません。

Y: 満員電車がムカつく。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。