MとY

 
 
 
 
 
 

 

Y: 月に帰らなくては。

M: また現実逃避ですか。

Y: ウサギから、餅つきを自動制御するシステムの発注があったのです。

M: あれって、何で月ではウサギが餅をついてるってことになってるの?

Y: 本当についてるんじゃないですか。

M: 答えはそれでいいの?言うべきことはない?

Y: 特にないです。

M: 後悔しない?

Y: 別に。

M: 何であんたがエリカ様なのよ。

Y: 八木さんのファンです。

M: どんなところが?

Y: 別に。

M: エリカ様は明石家サンタに出る練習をしてたってこと?

Y: たぶん、そう。クローズド・ノートは不幸話のネタ帳。

M: 明石家サンタはいいから、月とウサギの関係を教えなさいよ。

Y: あー、あれだ。悟空が兎人参化を月に連れてったからですよ。

M: 月に代わってお仕置きするよ。

Y: あなたも古い文献を持ち出してきたね。

M: ウサギ団よりは新しいよ。

Y: お仕置きするなら、旦那にしてほしい。

M: HUNTER×HUNTER?

Y: ようやく連載が始まったと思いきや、表紙から手抜き。

M: あんたの年でジャンプ立ち読みは、えっちい本より恥ずかしいよ。

Y: 熱が39度もあるのに、コンビニまで行ったんですよ。

M: あんたも答えに手を抜かないで、さっさと答えなさいよ。

Y: 「身体だいじょうぶ?」とかないの?

M: 特にないです。

Y: なぜ月ではウサギが餅をついているのか。それは、月の表面の模様が、ウサギの餅つきに見えるから。

M: 月の模様っていつも変わらないの?自転してるんじゃなかったっけ?

Y: 自転もしてるけど、公転もしてる。そして自転と公転の周期が全く一緒。

M: だから月の裏側は地球から見えないの?

Y: ちょうど地球に背を向けながら、地球を一周する感じ。この期間、27日とちょっと。

M: 何か日数合わなくない?満月から次の満月まで30日くらいかかるよね?

Y: いかにも中学の入試問題にありそうな罠です。地球も公転しているので、一周に加えて少し進まないと同じ月の形にならないよ。

M: なんか難しい。

Y: 月には罠がまだある。地平線近くの月がやたらと大きく見えることない?

M: あれは大きいんじゃないの?

Y: 目の錯覚です。上空の月と地平線の月は、同じ大きさ。

M: でも、かなり大きく見えるよ。

Y: たぶん、花札のやりすぎ。五円玉を持って腕を伸ばして穴を覗くと、どんな月でもその穴に入る。

M: 花札は関係ないよね。

Y: サイヤ人と花札やると、変身しちゃうから気をつけた方がいいよ。

M: 酔っ払った親戚のおじさんがそうかも。猪鹿蝶になぜか鶴がいたりする。

Y: 潮の満ち引きも月の影響だってのは知ってるよね?

M: 何となく。

Y: 月のある方とその反対側に、引力と遠心力で水が引っ張られるんですよ。だけど、地球の自転は月の公転に比べて圧倒的に早い。

M: 地球の自転は1日だからね。

Y: その結果、水が動いているように見える。そして、この摩擦によって、地球の自転が遅くなってる。

M: 地球の自転が遅くなるってことは、1日が長くなるってこと?

Y: そうなんです。ただし、10万年で1秒くらい。

M: 使えないね。月。

Y: いや、月の力をもっと増やせば、もっと自転が遅くなるかもしれない。

M: そうかもしれないけど、どうやるのよ。

Y: 月を増やせばいい。

M: どうすればいいだろう。あんたを殴っても星しか出ないよ。

Y: 月が一千億個もあれば、1年で10日分くらい増えるんじゃない?

M: 空が月だらけじゃない。

Y: イメージとしては、地球に月の衣。地球テンプラ。

M: 彦麻呂もそれは言ったことないね。

Y: 空が月で埋め尽くされてるから、毎日が日食・月食祭り。

M: 食欲の秋フェアみたいな、スーパーのチラシ感覚で、日食や月食を起こさないでよ。

Y: 時間を増やす代償は大きい。

M: でも、地球テンプラ状態だったら、力が均衡するから、潮の満ち引きがなくなるんじゃない?

Y: じゃあ、月を一千億個、一列に並べよう。月の裏側に月の剣を作る。

M: どうしてそんなバカな発想になるの?

Y: 見所は、月の剣が、公転によって太陽系の惑星と次々と激突。

M: もはや月の領分を越えてるじゃない。

Y: 月の剣の舞や~。

M: 全く食べ物と無関係だよ。彦麻呂出る幕ないよ。

Y: 中ボスの木星は手強い。ムドーやエアーマンくらい強い。

M: いつから木星が悪者になってるのよ。

Y: ラスボスは太陽。

M: 目的が違ってきてるよね。

Y: たぶん、太陽に近づくだけで蒸発。月がピクミンのようだ。

M: 月1つで、質量を一千億分にしたらダメなの?

Y: それはブラックホールじゃない。

M: どうやったって、時間が増えても環境が悪化するよ。

Y: そもそも、その増えた時間も、たぶん会社行くことになるから意味ないです。

M: もう、月に帰っていいよ。

Y: 月でもHUNTER×HUNTERが読めるだろうか。

M: 地球でも、すでに危ういよ。

Y: とりあえず、月見バーガーでも食べて寝ます。

M: 目玉焼きの目玉は、五円玉の穴くらいの大きさでいいよね。

Y: 白味ばっかりじゃない。

M: 目の錯覚です。

Y: クローズド・ノートに書いておこう。

M: デスノートにも書いておいてあげるよ。

Y: それは夜神月の仕事だよ。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired