MとY

 
 
 
 
 
 

選挙3

 

Y: 国会議員って何のためにいるんでしょう?

M: あんたの存在よりは価値があるよ。

Y: 国会とは、立法機関です。法律を作る機関です。

M: え。国会って、法律を可決する場ではないの?

Y: 確かに、今の法律の9割は、内閣から提示されたものです。

M: じゃあ、別にいいじゃない。

Y: 他人の案を、自党の方針に従って、賛成か反対かを投票するだけなら、僕にでもできるよ。

M: あんたは、方針に従うことができないじゃない。

Y: 国会議員になったからには、法律の一つくらい作ってやろうという気概がほしい。

M: あんたも社会人になったからには、ちょっとは社会の役に立とうという気概を持ちなさいよ。

Y: 普段、国会議員って何してるんだろう。

M: 次の選挙への根回しとかで、お忙しいんだよ。

Y: 法案の可決は全部国民投票にする。

M: ますます、国会議員のやることが無くなるじゃない。

Y: 法律を考えて起案することに、エネルギーを費やしていただく。

M: 何にもしない国会議員とかが出そう。

Y: そして、1つも国民が可決する法律を作れなかった国会議員は、二度と立候補できない。

M: それだったら、国民にコビを売るような法律を作るんじゃない?全国民に2万円配る法律とか。

Y: 地域振興券?

M: あったねそんなの。

Y: 時はまさに世紀末。公明党を与党に迎え入れるための、世紀末覇王もビックリの奥義。

M: あれって、公明党案だったんだ。

Y: 邦楽のCDアルバムセールス歴代第1位は、宇多田ヒカル『First Love』その売上は約800万枚。

M: なぜに突然、宇多田?

Y: これほど売れた理由は、地域振興券のため。

M: どうして?

Y: 使う機会がなかなか無くて、テレビを見たら何か流行っているようだ。どうせタダ券だから使ってみようか。

M: 素直に偉業を認めなさいよ。

Y: なんて淡い初恋。

M: 800万人を敵に回すような発言はやめなさい。

Y: 地域振興券のような法律を作るなら、その資金はどこから出るのか、起案と同時に明確に示さなければならない。

M: 法案+資金繰りの明示ってこと?

Y: それを見て、国民が投票する。

M: 資金繰りがショートしたら?

Y: 可決は無効で、他の法案を可決させないと、やっぱり二度と立候補できない。

M: なんか、良い法案は俺に回せ、みたいな動きがありそうね。

Y: それはそれで構わない。良い法案が可決されれば、国民にとってプロセスはどうでもいいよ。

M: 国民からみたら、その人は良い法案を作り出す人だと思ってしまうよ。また投票しちゃうじゃない。

Y: その人は良い法案を集める能力があるわけだから、問題ない。

M: それでも、タレント議員とかが強そうね。

Y: 投票する側のレベルアップも必要。

M: どうするのよ。

Y: 選挙権ならびに法案に対する投票権は、免許制にする。

M: 試験を受けるってこと?

Y: バカに選挙権はいらない。

M: みずから選挙権放棄?

Y: 試験は割と簡単にしてあげるつもりだよ。

M: 何でいつの間に、あんたが選別する側に回ってるの?

Y: 問題。「1999年発行の地域振興券により、爆発的にヒットしたCDアルバムは」

M: 『First Love』

Y: 「『First Love』ですが、CDシングルは何でしょうか?」

M: どうして、引っ掛けになってるのよ。そもそも早押しの試験なの?

Y: イントロのヒントもあるよ。

M: 答えを教えなさいよ。

Y: 次の問題。「設問1の曲になぞらえて、談合問題や年金未納問題でヤリ玉に挙がった人たちを、何と呼ぶでしょう?」

M: 設問2が設問1のヒントになってるじゃない。

Y: こうして無事、免許証をもらって、初めて投票ができる。

M: みんな、そんな免許なんてほしがる?

Y: 運転免許証と同じ身分証明書になる。

M: あ、それはちょっといいかも。

Y: そしてたぶん、投票率はかなりの水準になると思う。

M: どうして?

Y: 次の更新までに選挙に行かないと、免許が無効になる。

M: それは選挙に行ってしまうね。

Y: ちなみに、減点とかもあるんで。

M: どんなのよ。

Y: 酒気帯び投票とか。

M: 別にいいじゃない。

Y: 投票箱にリバースで、一発免取。

M: 逮捕でいいよ。

Y: こんな仕組みになったら、国会議員の存在も少しは有益なのではなかろうか。

M: 今でも十分有益と信じたい。

Y: やっぱり投票に行ったんだ。

M: ちゃんと行ったよ。イケメンは相変わらずいなかったけど。

Y: 僕もちゃんと投票したよ。

M: 誰に入れたの?

Y: Can You Keep A Secret?

M: また勝馬投票だったら、黒王に踏み潰されるといい。

Y: あぁ、死兆星。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired