MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

エイプリルフール

 

Y: 今日はエイプリルフールです。

M: 嘘か本当か考えるの面倒だから、嘘つかないでね。

Y: つまらない女だ。

M: それが何か。

Y: かつて、ヨーロッパでは4月1日がお正月だったそうです。でも、1564年にフランスのシャルル9世が、1月1日を正月としました。

M: まあ、いつかは誰かがやんなきゃダメなんだろうね。

Y: でも、急に1月1日が正月ですって言っても、盛り上がらないじゃないですか。

M: 2回やればいいじゃん。

Y: 当時の民衆はそういう軽いノリだったらしく、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめたそうです。

M: それがエイプリルフールの始まり?

Y: 話はこれだけでは終わらない。シャルルさん激怒しちゃって、騒いでた人を処刑。

M: 歴史上の人々って血の気が多いよね。

Y: 民衆も反発しちゃって、毎年「嘘の新年」を盛大に祝うようになる。

M: 命がけね。

Y: だから、エイプリルフールでつく嘘は、命がけでなくてはならない。

M: 命がけの嘘ってどんなのよ。

Y: 部長に「カツラがズレてます」と言うとか。

M: それは嘘じゃないじゃない。

Y: むしろ、嘘をつかれてます。

M: 人に迷惑をかけない嘘なら、別に、嘘はついてもいいんじゃない?

Y: 迷惑の判断基準が人によって違うから難しい。

M: でも、例えば、テレビドラマなんかも言ってみたらウソだよね。

Y: あれは「フィクション」と宣言しているからOK。

M: あるあるも、フィクションって言っておけば良かったのにね。

Y: まず嘘をつきますって宣言すると、もう嘘にはならないけど、それだと、つまらない時もある。

M: ジョークとかサプライズとかだったら、台無しね。

Y: 同じジョークが、違う人に通じるかというと、そうはいかずに、嘘つき扱いになったりするから危ない。

M: だからといって、冗談の無い生活っていうのも、息苦しいね。

Y: 全てが冗談でもまずいよ。

M: 「見てきた物や聞いた事 今まで覚えた全部  でたらめだったら面白い そんな気持ちわかるでしょう」

Y: ブルーハーツを引用されると、重みを感じてしまうのが、我々の世代の弱点だね。

M: 嘘が全て悪いわけじゃないよね。

Y: 人を喜ばせるような嘘は善かもね。

M: 庄やの「はい、よろこんで!」とか?

Y: 彼らの目は、よろこんでないよね。

M: 喜ばせるような嘘で、迷惑をかけたら?

Y: 別に嘘をついていなくても、喜ばせようとした結果が迷惑ということもあるよ。

M: じゃあ、もはや嘘と善悪は関係ないじゃない。

Y: どっちかと言うと、悪気の有無で判断した方がいいと思う。嘘をついていなくても、悪い場合はあると思う。

M: どういう意味?

Y: 「無料」って大きく広告打って、隅の方に小さく様々な条件を書く。嘘はではないけど、注意力の無さにつけこんで利益を得ようとしている。

M: それは、注意力の無い人間が悪いんじゃないの?

Y: 本質がしっかりしていれば、丁寧な広告をしているだけでいいのに。

M: こうして話題にされること自体が、広告戦略なのかもね。

Y: エイプリルフールでは、どんな嘘までなら許容されるんだろう。

M: さっきの話だと、相手に嘘だと分かってもらっていれば、どんな嘘も許されるんだよね。

Y: 不快にさせなければね。

M: エイプリルフールは、カレンダーで「フィクション」だと宣言してるから、かなりの嘘が許されるんじゃない?

Y: でも、それだけ、嘘のセンスが問われる。相手は嘘って分かってるんだから。

M: そう言われると難しいね。

Y: 「mixiやめます」

M: 10万人は書いてるよ。

Y: 「彼女ができました」

M: 地雷バトンのタイトル風?

Y: 「僕の彼女はサイボーグ」

M: 映画のタイトル言ってるだけだよね。

Y: 「納豆で痩せました」

M: しつこいよ。

Y: 「僕はもてません」

M: エイプリルフールに本当のことを言っても、嘘にはならないよ。

Y: 素人がエイプリルフールに手を出しても、イマイチ使いこなせないのが実情だね。

M: くだらない嘘考えるより、年度始めなんだから、心機一転お仕事がんばったら?

Y: はい、よろこんで!

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。