MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

掃除

 

Y: 部屋が汚い。

M: 心もね。

Y: どうして、こんなに汚くなるんだろうか。

M: 使ったものを元に戻すだけじゃない。

Y: 簡単に言ってくれるね。

M: 3歳児でもできることだよ。

Y: 坊やだからさ。

M: 気取ってないで、片付けなさいよ。

Y: ただ、やみくもに片付ければいいってもんじゃない。

M: 片付けにやり方も何もないでしょ。

Y: なぜ、また使うものを片付ける必要があろうか。

M: 8割は3日以内に使わないものです。

Y: それは、あるあるで調べたデータ?

M: 心も片付けなさいよ。

Y: でも、確かに、今散らかっているもののほとんどは、明日使いそうもない。

M: あんた、ものを捨てないタイプでしょ。

Y: おみやげにもらった、お菓子の金属系の箱なんて、絶対捨てられない。

M: まず使わないんだから、捨てちゃいなさいよ。

Y: 万が一役に立つかもしれないじゃない。

M: 今まで生きてて、残しておいたものが役に立ったことがある?

Y: あるよ。

M: どんなの?

Y: もう読まないと思ってたドラゴンボール全巻。テスト勉強中に思わず読破。

M: 役に立つどころか、足かせだよね。

Y: 背表紙にヤジロベーがなぜ2回出てくるのか、気になって仕方がなかった。

M: 他にも気にすることはたくさんあるよね。

Y: どうして背表紙に亀までいるのに、天津飯が出てこないのかとか?

M: ドラゴンボールは今すぐ捨てていいよ。

Y: 漫画の本は、何巻まであったか分からなくて、同じのを買ったことがある。

M: 一回全部捨てたらいいよ。三国志60冊とか焚書にしたらいい。よく燃えるよ。

Y: 捨てると、もう戻ってこないんだよ。捨てることはいつでもできても、手に入れることはいつでもできない。

M: 必要な時にまた買えばいいじゃない。

Y: もったいないお化けが腰を抜かす発想だね。

M: もったいないお化けの活動範囲は、食べ物だよ。

Y: 食べ物を残さず食べないともったいないってCMだっけ?残すようなものを出す方が悪い。

M: あんたは子供の頃からそうだったの?

Y: でも、買えばいいっていう考え方は危険。

M: どうして?

Y: 胃が黒くなるほど飲んで集めた、ペプシのスターウォーズのキャップ。そういったコレクションものも、いつでもヤフオクとかで買えるわけだ。

M: そうだね。

Y: お金さえ出せば、いつでも手に入れられるんだから、コレクションものは自分で集める必要がないよね。

M: あんたは、何かと集めるのが好きなんだろうけど、私には、そもそもコレクションにお金をかけるのが理解できない。

Y: ヘッドロココを実家の引き出しに、大事にしまっている人間の気持ちなんて分からないんだろうね。

M: 分かりたくもないし、そのなんちゃらロココは、二度と陽の目を浴びることはないね。

Y: でも、ヤフオクとかのコレクション一覧を眺めてたら、僕のために集めてくれてありがとう、という気分になってくるかも。

M: 誰もあんたのためには、集めてないよ。

Y: お金さえあれば、集めたり捨てたりできることは分かったけど、貧しいとやっぱり、捨てるのが怖い。

M: それを貧乏性っていうんだよ。

Y: もったいないお化けは貧乏神だったんだね。

M: ちょっと違うと思うけど。

Y: 貧しい僕には、片付けは無理だ。

M: 百歩譲って捨てなくてもいいけど、整理整頓することはできるでしょ。

Y: 別に、整理整頓されていなくても、全くストレスを感じないんだけど。どうして、整理しろと言うのかが理解できない。

M: コレクションへの理解とは違って、整理整頓は理解してもらわないと困るよ。

Y: どうして?

M: 会社なんかで、他人の机の上が汚いと、イライラする人もいるんだよ。

Y: そんなの勝手にイライラしてる方が悪いんじゃない。

M: 机の上が綺麗で、イライラする人はいないでしょ?

Y: そうだけど。

M: だったら、綺麗にしておくに越したことはないね。

Y: せめて、明日使うものは残させてよ。

M: だから、明日使わないでしょ。

Y: 使ったら、更新日付みたいのが出ればいい。

M: どういうこと?

Y: コンピュータのファイルって更新日付を持ってるじゃない。あれみたいのを、全てのものに表示してほしい。

M: 最後に使った日付が出るの?

Y: そう。その日付が古いものは、整理しようかなって思うでしょ。

M: そんな自分の首をしめる仕組みがいいの?

Y: どうして僕の首がしまるの?

M: 渡したプレゼントの日付をチェックしてみたら、まったく日付が変わってなかったりするんだよ?

Y: もらったプレゼントの値段をチェックするような人に言われたくない。

M: 日付が古くなると消滅っていうのも面白いかも。

Y: あなたは、ホントに捨てたがりだね。

M: あんた自身のおデコにでも、日付をつけた方がいいよ。

Y: どうして?

M: いかに必要とされていないかが分かるよ。

Y: 消されちゃうじゃない。

M: そうだね。

Y: 掃除がんばるよ。

M: まずは、心の掃除からね。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。