MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

データ

 

Y: 納豆を食べると痩せるらしいよ。

M: もう、許してあげようよ。

Y: まあ、納豆が売り切れたくらいで、そんな大したことじゃないよね。

M: でも、食べて痩せるというのは、一種の憧れだよね。

Y: 「食べるダイエット」は、不老不死・錬金術・永久機関と共に、不可能と呼べる代物。

M: そんなものと比較しないでよ。

Y: 似たようなものに、「アフェリエイトで副収入」「モテる男になる方法」などがある。

M: あんたが引っかかりそうなのばっかりね。

Y: あるある大辞典で「みるみるうちに不老不死!」とか言ってたら、みんな食いつくんだろうか。

M: そんな軽いノリで長生きしないでよ。

Y: 「エリクサーという物質が、長寿村で生活する人の体内から検出」

M: ありがち。

Y: 「エリクサーを注入したAグループは、何もしないBグループに比べ、 サラサラ血液になった」

M: エリクサーは、もったいないから使えないよ。

Y: そもそもダイエットなんて簡単。

M: どうやんの?

Y: 食べなきゃいい。

M: それが難しいんじゃない。

Y: そんなことないよ。何か行動を起こすより、行動を起こさない方が、はるかに簡単。

M: あんたは、やる気の無さだけは、世界でも通用するからね。

Y: 実際、体重が47kgまで落ちたことがある。

M: 食べなさいよ。

Y: お金が無くて食べられなかった。

M: 働きなさいよ。

Y: バイト代を全部騙し取られたんですよ。

M: ひどいね。

Y: JRAに。

M: 単なる自業自得じゃない。

Y: 所得税100%ですよ。えらすぎじゃない?

M: まったくもって、えらくないよ。

Y: 貴重な小銭で、うっかり納豆を食べてたら、もっと体重が減るところだったね。

M: だから、もう許してあげようよ。

Y: でも、今回の騒動のあるある大辞典は、本当に役に立ったよ。

M: ウソばっかりだったじゃない。

Y: 詳細なデータと、グラフなどの表示があれば、説得力が増すということ。

M: そんなことは、会社でも「数値化」「見える化」と、いつも言われてるでしょ。

Y: 今回学んだことは、そのデータが偽りであっても説得ができるという点。

M: ウソではダメじゃない。

Y: 人というのは、理由としてデータがあると、それ以上疑わない傾向があるんじゃなかろうか。

M: 例えば?

Y: 鶏肉って美容にいいらしいよ。

M: そうなの?

Y: フランスのモデルの82%の人が食べてるんだって。

M: そうなんだ。

Y: ここ、注目です。数字を出されると、それ以上追求しようとしなくなるんです。

M: あ、そうかも。

Y: ちなみに、僕がフランスのモデルの食生活なんて、知る由もないんで。

M: ウソつかないでよ。

Y: 雪見だいふくも美容にいいらしいよ。

M: ほんとに?

Y: フランスのモデルの82%の人が食べてるんだって。

M: フランスで売ってないよね?

Y: このように、明らかにウソだとバレるので、それっぽいデータを準備する必要がある。

M: データは準備するものじゃなくて、取得するものだよ。

Y: 言いたいことは、準備もできると言うこと。データの責任所在が第三者のものでなければ、信用できない。

M: でも普通、ウソはつかないでしょ。

Y: テレビ局でもウソつくんだよ。そんな呑気なことは言ってられない。

M: だからといって、自分が説得する時には、ウソはつきたくないよ。

Y: データの捏造や改竄が心苦しい方は、こんなやり方を紹介します。

M: しなくていいよ。

Y: 例えば「朝食を食べている子の方が、あまり食べない子より○○」という結果がほしいとする。

M: どうして先に結果があるのよ。

Y: あとは、何種類もデータを取ります。テストの結果・遅刻調査・忘れ物調査、いろんな観点で。

M: うん。

Y: で、朝食を食べている子の方が、良好な結果の出ているもののみを公表する。

M: それも何か、ちがうんじゃない?

Y: ウソをつくことは悪いけど、本当のことを言わないことは悪くはない。

M: 世間ではそれを、ズルいと言うんだよ。

Y: まあ、この場合、朝食を食べている子の方が、何かと良好な結果が出るはず。

M: どうして?

Y: 朝食を食べることができるということは、早起きができると言うこと。すなわち、この時点で、怠け者ではない確率が高い。

M: 良好な結果は、子供の資質の問題であって、実は朝食とは無関係であるってこと?

Y: 正確に朝食のおかげかどうかは、同一人物で、朝食を食べたり食べなかったりして、調査するしかない。

M: めんどくさいね。

Y: こういうことは、あるある大辞典が得意そうだよね。ついでに、納豆が朝食にあるかどうかでも、調べたらいい。

M: もう、番組は打ち切りかもよ。

Y: 「ネバー」ギブアップ。

M: おやすみ。

Y: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。