MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

給料

 

Y: 給料が少ない。

M: 会社は妥当な評価をしているね。

Y: 給料の中に手当ってあるじゃない。

M: 通勤手当とか、家族手当とか?

Y: そうそう。あれっていらなくない?

M: 無いと定期代とか困るよ。

Y: 全員一律で、同じお金を給料に上乗せすればいいじゃない。

M: 会社から遠い人は、負担額きついよ。

Y: 近くに引っ越せばいいじゃない。

M: 近いと家賃がきつかったりするよ。

Y: 今だって近い人はきついんです。

M: それこそ、きついんなら遠くにいけばいいじゃない。

Y: だいたい朝に集中して、あんな移動が起きることが異常。

M: 時間差出勤とか流行らなかったね。

Y: じゃあ、通勤代は0円にするよ。

M: 当たり前でしょ。

Y: ただし、午前11時から翌午前7時までに限る。

M: 予想外ね。

Y: ただし、東急間のみに限る

M: 予想外ね。

Y: ただし、東急に27カ月間乗り続けなくてはならない。

M: 制限多すぎだよ。

Y: それが、東急クオリティ。

M: 東急に失礼だよ。

Y: いっそ、都内に会社を作ることを禁止しちゃえば、ラッシュは消えるかも。

M: 都内に何が残るのよ。

Y: 東京砂漠。

M: 前川清は、そういうことを歌っているわけではないよ。

Y: とにかく、遠いからという理由だけで、会社の資産を与える必要は無いよ。

M: 遠くにいる有能な人が、会社を辞めちゃうかもしれないじゃない。

Y: 会社がその人を引きとめておきたいなら、その能力にもっと給料を払えばいい。

M: 家族手当は廃止するのまずいんじゃない?

Y: 家族は会社に何の利益ももたらさないよ。

M: 会社は利益を出すためだけにあるわけじゃないと思うよ。

Y: でも、会社で利益を出さないことは罪悪だよ。

M: あんたが組合の会議に出席したら、シラけるだろうね。

Y: 組合とかいう単位で労働者を守ろうとするからおかしくなる。

M: じゃあ、どうしたいの?

Y: 給料が不服なら、組合のように会社に文句を言うのでなく、会社を辞めて、違うところに移ればいい。

M: そんなホイホイ会社を変えれないよ。

Y: だから、変えても大丈夫な空気をつくればいい。

M: 具体的にどうするのよ。

Y: 1人2社以上の所属を当たり前にしていく。

M: 大変じゃない。

Y: 1つにするから、みんな固執するんだよ。フリーターは、かけ持ちなんて当たり前じゃない。

M: まあ、2社以上に籍があれば、移りやすいだろうね。

Y: 1つは自営業にしてみる、とかでもいい。

M: 会社としては、できるだけ多くの時間、自社の業務をやってほしいよね。

Y: 今は法律では、勤務時間は原則、週40時間以内と決められてる。

M: 赤信号より守られてないよね。

Y: これを1社あたり、週20時間以内しか勤務できなくして、給料も半分とする。

M: 2社以上と契約しないと、暮らしがキープできないね。

Y: 会社は分社化で対応して、有能な人には両方の会社の契約を迫る。

M: あんたみたいのは、1社分で十分だね。

Y: 新人の見極めなんかも、今までの半分のコストでできる。

M: 就職活動は、最低でも2社の内定が必要なの?

Y: それは当人の自由。お金がほしければ2社でも3社でも。

M: 勤労の義務は?

Y: 義務という意味では、1社分で十分と思う。

M: そうじゃないと、あんたが困るものね。

Y: 就職枠が広がるから、あこがれの職業に就くチャンスも2倍になる。

M: そんな簡単に増える?

Y: KAT-TUNも2組できるから。

M: どうして2組作る必要があるのよ。

Y: 近藤真彦・赤坂晃・田原俊彦・高橋一也・内海光司・野村義男。

M: たのきんトリオと光GENJIじゃない。

Y: 一部、男闘呼組もいるよ。

M: 全然、一般人のチャンスが増えてないじゃない。

Y: 新人だけに、チャンスが増えるわけではない。より、競争も厳しくなる。

M: サムライブルーとかどうなるの?

Y: 日本は、前半と後半を選手総入れ替え。

M: 入れ替えた方が弱くなるかも。

Y: いっそのこと、フィールドに22人出しちゃってもいいかも。

M: それだけいれば、急なボールにも対処できるね。

Y: この変則ワークシェリングシステムによって、失業率は大きく減るはず。

M: リストラも大きく増えると思うけど。

Y: 自分の給料を上げるつもりの話が、どうやら減ってしまいそうだね。

M: あんたが、今の給料を維持できるのは、競争相手となるべきニートの皆さんが表舞台に出てこないおかげだよ。

Y: じゃあ、もっとニートが増えることによって、僕の給料が増えるわけだ。

M: あんたが真っ先にニートになりそうだけどね。

Y: ノートに名前を書くことによって、その人がニートになればいいのに。

M: デスニート?

Y: ニートノートだよ。

M: ひっかけないでよ。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。