MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

ドラマ

 

Y: ドラマ、始まりだしましたね。

M: うん。

Y: 最近のドラマは、原作ありきのドラマ化がとても多い。

M: 今回は「ハチクロ」とかそうだよね。

Y: 原作といってるけど、こんなのは体の良いパクり。原作通りに脚本書くなんて、僕でもできそうだ。

M: なんと大それた発言。

Y: 原作が有名であればあるほど、その世界観の映像化が望まれてしまう。

M: そりゃあ、そうでしょう。

Y: そして、その世界観から逸脱してしまうと、ものすごい叩かれよう。

M: 「有閑倶楽部」や「ハチクロ」なんかは、ひどい言われようだよね。

Y: 「花男」や「のだめ」など、当たりもでやすい。知名度は抜群なんで食いつきはいいし、パクって当たれば濡れ手で粟。

M: 外したら、悲惨だけど。

Y: でも、原作が大作だと、原作を超えるものっていうのは、なかなか無いよね。

M: 「のだめ」なんて評価高いんじゃない?

Y: 「のだめ」は音楽の漫画。それをドラマ化するっていうのは意義がある。ドラマにすることによって音楽が聴ける。これは原作ではできないこと。

M: 原作に無いものを持っていないと、原作は超えられないってこと?

Y: 単なるパクりでは、原作の方が面白いに決まっている。僕がハチクロドラマの脚本を書き直そう。

M: いや、ハチクロは映画が良かったから、やらなくていいよ。

Y: 真山ナレーション「花本はぐみ。72歳。浜田山美術大学の近くで養蜂を生業に細々と暮らしている。いわゆる蜂蜜農家だ」

M: もう既に、どこから突っ込んでいいかわからないんだけど。

Y: 真山N「蜂と格闘する日々。そんな代わり映えのしないある日、はぐみは、謎の6人組の高校生と出会う」

M: 何この急展開。

Y: 真山N「人が恋におちる瞬間をはじめてみてしまった。まいったな」

M: 言わせたかっただけだよね。

Y: 真山N「その6人組は、放課後そろって新聞配達をしている」

M: 夕刊倶楽部?

Y: 真山N「人呼んで タモリ倶楽部」

M: 夕刊に見えなくもないけど。

Y: はぐみ(72)「きゃあ!」

M: ん?

Y: 真山N「はぐみは、レイプされてしまう」

M: なんという原作レイプ。

Y: 真山N「その後、はぐみは妊娠・流産・元カレ末期ガン・出産という経験を、脅威のスピードでこなしていく」

M: なんか「恋空」風味なんだけど。

Y: 真山N「そう、はぐみは、一番隊隊員、子忍のはぐみだったのだ!」

M: それは「忍空」だよ。

Y: ---「ハチミツと苦労婆」つづく

M: ダジャレじゃない。

Y: 第一話はこんなところかな。

M: 真山のナレーションで終わってるじゃない。はぐみさんなんて「きゃあ」しか言ってないし。

Y: はぐちゃんを「さん」で呼ばせた点で、原作を超えたと言わざるを得ない。

M: 脚本の基礎の基礎すら、なってないよ。

Y: 難しいね。脚本。

M: なめすぎだよ。

Y: 原作者になって、脚本家にドラマ化してもらった方がいいや。

M: どんなの書くのよ。

Y: 実話に基づいて、ケータイ小説でいこう。

M: あんたの体験ほど、ドラマチックじゃないものは無いよ。

Y: そんなことないよ。ゾーマもデスピサロも倒してきたよ。

M: ゲームじゃない。実体験を書きなさいよ。

Y: 冬のある朝。今日は天気がいい。しかし、俺は今日も布団を干さなかった。

M: 俺があんたなのね。

Y: 布団を干した後の太陽のニオイ。あれはダニの死骸の紫外線分解の結果だ。犬や猫からだって同じニオイがするだろう?

M: 何、この読んで損した気分の小説は。

Y: 俺は太陽のニオイが大好きだ。たくさんダニを増やして天日干し。そうすればたくさんのニオイを嗅げる。だから楽しみを後に取っておくのだ。

M: こんな、屁理屈をつけて何もしない男の話をドラマ化しろと。

Y: こんな話でも、タイトル一つで、一気に悲壮感漂うドラマになる。

M: どんなタイトル?

Y: 「29歳のクリスマス」

M: ちょっと涙が出た。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。


浜田山美術大学
「人が恋におちる瞬間をはじめてみてしまった。まいったな」
忍空
ゾーマもデスピサロも
29歳のクリスマス

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。