MとY

 
 
 
 
 
 

万博

 

Y: 上海で万博やってますね。

M: 万博って、なんなの?

Y: オリンピックが体育祭なら、万博は文化祭のようなものでしょうか。

M: やっぱり4年に1回なの?

Y: 最近ルールの改正があって、5年に1回となりました。5年前は、愛知万博ですね。

M: なんか、もっとたくさんやってるイメージがあるけど。

Y: 万博の中でも、何かのテーマに特化した小規模なものと、テーマがぼんやりとした大規模なものがあります。

M: ぼんやりとかじゃなくて、より一般的なテーマとか言いなさいよ。

Y: で、大規模なものは5年に1回としたんだけど、その他にも小規模なのは、何回かやっていいことになってます。

M: 日本でいうと、何が大規模で何が小規模なの?

Y: 1970年の大阪万博と2005年の愛知万博が大規模。沖縄海洋博(1975)、つくば科学博(1985)、大阪花博(1990)が小規模となりますね。

M: 花博の方が愛知の時より、規模が大きくなかった?

Y: そういうことは、言ってはダメです。モリゾーとキッコロが悲しみます。

M: 万博の後って、記念に何か残るよね。

Y: 有名なのは、ロンドン万博のクリスタル・パレスや、パリ万博のエッフェル塔なんかですね。

M: 大阪万博は、太陽の塔よね。

Y: そして愛知万博は、サツキとメイの家です。サツキとメイの家は、エッフェル塔と等価ということになります。

M: なんとなく、万博の価値が失速している気がするんだけど。

Y: かつての大阪万博の時には、会場は未来の国のようであり、日本中が万博で沸いたらしいです。

M: 愛知の時は、なんかいつの間にか終わってたね。

Y: 我々が子供の頃は、未来に対して、ぶっ飛んだイメージがありました。バックトゥザフューチャー2の未来イメージです。

M: アトムはできないとウスウス気づいてたけど、あのヒルバレーは現実になりそうだと思ってたよね。

Y: マーティがデロリアンで1985年から未来に飛んだ先は、なんと2015年です。

M: あと5年じゃ無理だね。

Y: 映画ができた当時は急速に文化が進んでいたわけで、その加速度で考えると、あのヒルバレーは十分ありでした。

M: 今って加速度がないよね。愛知万博は、今の文化の加速度に合わせた万博だったということ?

Y: 上海万博もおそらくそうです。何というか、びっくりしない。予測のつく範疇なんだと思います。

M: じゃあ、もう万博の意義は無いの?

Y: 一般人を呼ぶ意義というのは、もう無いかもしれません。もし一般人に見せるなら「びっくり」がほしいじゃないですか。

M: 別に、地味でもいいと思うんだけど。

Y: もう未来でびっくり路線は難しいので、今ある技術でびっくりさせるしかない。

M: 万博の趣旨が変わってきてるよね。

Y: そういう意味では、パクり満載で「万パク」とも呼ばれている上海万博は、いいスタートを切っているみたいです。

M: ホスト国のおもてなしとして、それはどうなの?

Y: 裏があるから、おもてなしなんですよ。

M: そんなびっくりはいらないよ。

Y: 日本館も負けじと、日の丸を掲揚せずに中国の属国であることをアピールです。

M: 日の丸をあげないのなら、日本館なんか出さなければいいのに。

Y: 日本館はもっと強力な武器を持っていますからね。鳩山政権年表を貼るだけで、みんなびっくり。

M: 未来につながるびっくりがほしいんだけど。

Y: 中国の未来にはつながるびっくりですよ。

M: 一部の未来じゃダメだよ。

Y: 僕が昔行った万博は、びっくりの連続でしたよ。

M: 万博行ったことあるの?

Y: 1985年の、ちくび科学博。

M: 1985年は、つくば科学博だよ。

Y: ロボットが乳首相撲をしてました。

M: むりやり科学をくっつけただけだよね。

Y: 1.21ジゴワットで引っ張り合って、乳首がタイムスリップします。

M: それは乳首がもげて、どっか飛んでっただけだよ。

Y: なかなか、人々をびっくりさせるというのは難しいですね。

M: ディズニーなんかに学んだらいいんじゃないの?

Y: ミッキーと乳首相撲?

M: 夢を壊さないで。

Y: ネズミの乳首って、たぶんすごく多いですよね。

M: 本当に夢を壊さないで。

Y: 実際、TDLのスタッフが、上海万博のパレードに関わっているらしいですよ。

M: そうなの?

Y: 着ぐるみの脱ぎ方とか、懇切丁寧に指導したんでしょうね。

M: 着ぐるみじゃないから。

Y: 「乳首はもげやすいから、気をつけて」とか。

M: 本当にやめて。

Y: やっぱり、オリンピックと比べてしまうと、万博はどうしても注目度が低いよね。

M: だから、それで別にいいじゃない。

Y: オリンピックにあって、万博にないものってなんでしょう。

M: メダルとか?

Y: メダルはいいですね。これを万博に採用できないでしょうか。

M: 何を競うのよ。

Y: 上海万博のテーマは「より良い都市、より良い生活」だそうです。

M: だから?

Y: 国の技術の結晶をもって、どの国がシーツを最も真っ白にできるかとか、どの国が一番ご飯を美味しく炊けるかとか、そういうのを競うんですよ。

M: より良い生活のスコープが狭すぎだよ。しかもご飯炊く国なんて、そんなにないよ。

Y: 本当により良い生活を求めるのなら、射撃の腕を競うとかになりますよ。

M: 誰を狙撃するのよ。

Y: それぞれの種目で、厳しい国内選考を勝ち抜いたものだけが、万博の舞台に立てるのです。

M: おどり炊きとか真空圧力炊きとかで、メダルを取りに行くの?

Y: 1.21ジゴワットで炊いたら、ご飯がタイムスリップします。

M: ご飯が蒸発しただけだよ。

Y: ショートプログラムとかもありますよ。

M: 単なる早炊きだよ。

Y: 結局、土鍋で炊いた、見知らぬ国が優勝したりするんですけどね。

M: 技術意味ないじゃない。

Y: こんな風に、様々な分野でメダルをかけて競えば、万博も盛り上がると思うんですよ。

M: これなら、日本はオリンピックよりメダルとれそうな気もするね。

Y: 2015年のミラノ万博で、日本のメダル最有力候補は、ロボット乳首相撲です。

M: やっぱり、それはやるんだ。

Y: 2015年と言えば、デロリアンでマーティがやってくる年です。

M: だから何?

Y: 1.21ジゴワットで飛んでった乳首は、デロリアンの中に!

M: まさか。

Y: そして、デロリアンと一緒に1985年に帰っていくのです。

M: 本当にタイムスリップさせないでよ。

Y: そして1985年、ちくび科学博のきっかけとなったのが、このもげた乳首です。

M: 世界で一番デロリアンを無駄に使った例だよ。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired