MとY

 
 
 
 
 
 

選挙5

 

Y: どうしてみんな、選挙に行くのでしょうか?

M: 行くのが普通なんだって。

Y: 味噌ラーメンが醤油ラーメンか悩みに悩んで注文したら、ベビースターが出てくる感じだよね。

M: 確かに言ってたことと違うことをするけど、それでも注文しなければならないじゃない。

Y: 注文、意味ないじゃない。だってベビースターが出てくるんですよ?

M: ベビースター、美味しいからいいじゃない。

Y: 何であんなに平気で嘘をつけるのでしょうか。人間として腐っているとしか思えないんですけど。

M: あんたよりはマシだよ。

Y: なぜ、この私の清き一票を、汚物に与えなければならないのか。

M: だから、あんたも汚物なんだって。

Y: 汚物の名前を書きたくないので、番号制にしてもらえないでしょうかね。

M: なんで番号なの?

Y: 知名度が高いからとか握手したからとか、そんな理由で投票しちゃうじゃないですか。

M: そんな理由で投票なんてしないよ。

Y: あと、組織票も何とかしたい。

M: ウチの会社の組合は、露骨に「投票用紙には、候補者の名前を記入しましょう!」というビラ配ってるよね。

Y: ああいうビラは良くないですね。比例代表の投票は政党名でも良いはずなのに、名前を書かなければダメなんだと思い込ませる。

M: そういうの、番号制で殺せるの?

Y: 谷亮子が「8番をよろしくお願いします」と言ったり、ビラに「15番!」とか書かれてたら一緒ですね。

M: 意味ないじゃない。

Y: 投票用紙が郵送されてくるじゃないですか。僕はそのまま捨てるけど。

M: 捨てないでよ。

Y: 投票用紙と一緒に、全候補者のマニフェストを郵送します。

M: 電話帳みたいのが来ることになるよ。

Y: マニフェストは一人A4一枚ね。

M: そのA4の用紙に番号が書かれてるの?

Y: そうです。もちろん名前は記載されず、しかもその番号は一人一人の郵送物ごとに異なります。

M: クラブニンテンドーの番号みたいね。

Y: これで、そのA4マニフェストは誰のものかは分からないし、谷亮子が8番と言っても、8番は郵送物に入ってないわけです。

M: 投票するときはどうするのよ。

Y: クラブニンテンドーのホームページで番号を打ち込めばいいです。

M: また任天堂サーバなの?

Y: そのA4マニフェストを投票所に持っていて、そのまま投票してもいいです。

M: 一人で複数投票する人とかいそうじゃない?

Y: これは個人的には「あり」と思います。が、ブロックすることもできます。

M: どうやって?

Y: 誰にどの番号を配ったのか全部把握しているわけですから、誰が何票入れたかは分かります。

M: 候補者は、どうやって選挙活動すればいいの?

Y: 名前を覚えてもらうことは、全く意味がなくなります。マニフェストの中身をアピールしなければなりません。

M: A4のマニフェストはフリーフォーマットなの?

Y: そうですね。

M: 私だったらイラストを描いて、そのイラストを徹底アピールするわね。

Y: それなら、尾田先生に頼んで、ルフィ達の絵を描いてもらえば一発ですよ。マニフェストは「海賊王におれはなる!」

M: 海賊王になってどうするのよ。

Y: 埋蔵金をサルベージするんですよ。

M: ルフィ達の冒険が一気にうさん臭くなったよ。

Y: 投票する人の世代を考えると、ドカベンとかの絵の方がいいんですかね。

M: マニフェストは?

Y: 「海賊王におれはなる!」

M: なんで山田太郎が海賊王を目指すのよ。

Y: 不知火君とか、王下七武海にいるからね。

M: 事業仕分けで三武海にするよ。

Y: ゴムゴムのヘッドスライディング!

M: ドカベンに三宅なんてキャラいたっけ?

Y: やっぱり、マニフェストにイラストは禁止だと思います。

M: 結局、誰のマニフェストか特定できちゃうからね。

Y: マニフェストは規定のA4フォーマットでいきます。

M: 履歴書やエントリーシートみたいになってきたね。

Y: エントリーシートがいいんじゃないでしょうか。質問を決めた方が比較がしやすいです。

M: 何を聞くのよ。

Y: 設問はボートマッチで使われているものでいいと思います。

M: ボートマッチって何?

Y: 各党や各候補者に「消費税は上げるべきか?」とか「憲法は改正すべきか?」とかアンケートを取っておき、データベース化しておきます。

M: それで?

Y: 同じ質問に対して自分が答えることにより、自分の考えに近い党や候補者が瞬時に分かる仕組みをボートマッチと言います。

M: どこでできるの?

Y: これについては、毎日新聞のサイトが珍しくいい仕事をしています。一度やってみるといいです。

M: じゃあ、エントリーシートじゃなくて、ボートマッチでいいじゃない。

Y: それではダメなんです。例えば消費税一つとっても、増減だけでは議論できない。

M: 他にどんな要素があるのよ。

Y: 食料は無税にして嗜好品は率を高くするとか、候補者によっていろんな考え方があるし、ボートマッチではそこまで汲み取れない。

M: 結局、エントリシートにビッチリ書かれた文章を読むことになるんだ。

Y: イラスト無しで文章だけなら、誰のマニフェストかは特定しづらい。

M: これで、組織票の効果は無くなる?

Y: 組織票を取りに行く人は、マニフェストに何らかの仕込みを入れてくると思いますよ。

M: どんなふうに?

Y: 「設問3の回答に『のばら』と書いてあるマニフェストに投票をお願いします!」

M: どこの反乱軍よ。

Y: [回答3]
   お金のばらまきはやめ、経済と福祉のバランスのとれた国家を目指します。

M: 大事なことなので二度言ってるね。

Y: [回答3]
   のうなし
   ばいこく
   らんぼう

M: 何で縦読みなのよ。しかも最悪じゃない。

Y: 有名人であれば、マニフェストに名前を入れてくるかもしれない。

M: それはダメなんでしょ?

Y: [回答3]
   国民のみなさんと、新たに良好な関係を築きあげていきます。

M: これは気づかないよ。

Y: 開票されてから、初めて候補者とご対面となります。

M: 大きな政党が、あんまり票を取れないんじゃないの?

Y: これなら僕でも当選する可能性があるね。

M: でも結局、マニフェストにいいことを書いて、実は何もしないというのは変わらないんじゃないの?

Y: それについては監査を受けてもらいます。

M: 監査?

Y: 裁判員制度と同様、国民からランダムに監査人を選び、これまでマニフェスト通りに政治活動をしてきたかを検証します。

M: その監査にひっかかったら?

Y: 議員を辞めていただきます。

M: 「海賊王におれはなる!」とか書いちゃったら、それを実践しなきゃダメなの?

Y: ダメですよ。最低でもグランドラインに出てないと。

M: グランドラインってどこよ。

Y: アクアラインでもいい。

M: それ、海賊じゃなくて道路族だからね。

Y: 「おれたちが、道路をつくる!」ドン!

M: つくっちゃだめだから。ルフィみたいに言ってもダメだから。

Y: こんな投票制度と監査制度があれば、僕も投票してみようかなと思いますけどね。

M: そういう制度を作るべく、立候補すればいいじゃない。

Y: じゃあ、マニフェストを作らないと。

M: どんなの?

Y: [回答3]
   ノーブラ
   バージン
   ランドセル

M: お願いだから、立候補しないでください。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired