MとY

 
 
 
 
 
 

睡眠

 

Y: 眠い。

M: 末永く眠ればいいじゃない。

Y: 末永くお幸せにみたいな言い方だけど、死ねって言ってるよね。

M: 眠くて困ることあるの?

Y: なんか会議中とか寝てるのはあんまり良くないじゃないですか。

M: あんたが寝てても誰も困らないし、死んでも誰も困らないよ。

Y: そんなに死んでほしいの?

M: んー、どうでもいいかな。

Y: とにかく、眠いのを何とかしたい。

M: 眠いんだったら、たくさん寝るしかないんじゃないの?

Y: たくさん寝ても会議とか眠いよね。

M: まあ、あんまり寝てなくても、普通寝ないけどね。

Y: 前日の睡眠時間と会議で眠いのは関係ないんですよ。

M: じゃあ、なんで眠いのよ。

Y: つまらないからだよ。

M: あんた本当に社会人なの?

Y: たくさん寝てもどうせ会議で眠くなるなら、起きてる方がお得だよね。

M: 睡眠時間が不足すると、体調が悪くなったりするんじゃないの?

Y: ナポレオンは3時間とかよく言うじゃない。

M: 体調は悪かったのかもしれないよ。

Y: ナポレオンの場合、お風呂も2時間くらい入ってたらしいですけどね。絶対風呂で寝てるよね。

M: えー、全然普通の睡眠時間じゃない。

Y: ナポレオンが使えないので、身をもって実験しました。

M: あんたの実験なんて、何の証明にもならないよ。

Y: まあ、そうは言っても事実なんで一応報告すると、睡眠時間6時間だったのを4時間半にして1年過ごしました。

M: で?

Y: 特に何も変わりませんね。健康診断も特に問題無しです。

M: きっと、後からそのツケが回ってくるんだよ。

Y: そもそも睡眠は健康に良いのでしょうか。

M: いいに決まってるんじゃないの?

Y: 過度な運動は健康に良くないですよね。睡眠は過度な安静だから健康に良くないかもしれない。

M: 過度な安静というのは寝過ぎを指すんじゃないの?

Y: 4時間半は寝過ぎなのかもしれないよ。

M: そんなわけないじゃない。

Y: 寝ると体温が下がるというのは紛れも無い事実だし、体温が下がって健康に良いことなんて何一つない。

M: 体温がちょっと下がったくらい、別にどうってことないんじゃないの?

Y: 血の流れは悪くなるし、免疫力は低下するし、新陳代謝も悪くなる。風邪なんて大体が朝起きたらひいてるじゃない。

M: それでも疲れが取れたりするんじゃないの?

Y: 筋肉痛とかだって朝起きたらなってるよね。たぶん疲れなんて取れてないよ。

M: ちゃんとマッサージしたら、筋肉痛になったりしないよ。

Y: じゃあそれは、眠って疲れが取れてるんじゃなくて、マッサージで疲れが取れてるんだよ。

M: あんた睡眠に親でも殺されたの?

Y: 親を殺すのは睡眠かもね。ガンも糖尿病も心筋梗塞も、いずれも低体温が大好物だし。

M: 寝ないと精神に異常をきたす実例もあるみたいだよ。

Y: それは極端な例だよね。3日連続で起きていた場合とか。

M: そもそも本能的に眠くなるんだから、睡眠は必要なんじゃないの?

Y: 睡眠の本能は、冬眠を考えれば分かるけど、身体の機能を殺してカロリーを消費しにくくするためのものだよ。この飽食社会ではもういらない本能。

M: いらない本能なんてあるの?

Y: 他にもあるよ。

M: あー、あるね。あんたは彼女がいなくて性欲が満たされなくても死なないもんね。

Y: それは子孫を残すための本能だから関係ないよ。わざわざそんなこと言わないでよ。

M: でも、睡眠時間は7時間くらいが適切とかよく言われてない?睡眠時間が7時間より短い人も長い人も死亡率が高いとか発表されてなかたっけ?

Y: だいぶ前にも言ったけど、そんな調査結果なんて結果ありきで作るから信じても無駄だよ。都合のいいデータしか扱わない。

M: 適切な睡眠時間が7時間なんて言ったって、誰が得をするのよ。

Y: それで儲かる人がたくさんいるんですよ。医者とか製薬会社とか。

M: どうしてよ。

Y: 本来、老人って睡眠時間は短いもんなんですよ。睡眠慣れしてるからね。

M: 睡眠のベテランってこと?

Y: ところが7時間が適切と信じこませることで、睡眠時間が短くなった老人に対して不安を煽るわけだ。

M: そうするとどうなるの?

Y: 医者に相談にいくよね。7時間眠れないんですけどって。あとは睡眠薬処方→副作用の薬の処方で錬金術の完成。

M: そんなこと言ってるとお医者さんに怒られるよ。

Y: 同じように、7時間適正を煽った結果生まれた病気が「不眠症」ですよ。本当は無理して寝なくてもいいのに、寝なきゃダメだと思い混んでしまって薬漬け。

M: あんたの言い分だと、何も信用できないね。

Y: 資本主義である限り、まともな調査結果など存在しないと思っていいよ。誰かが得をするために調査しているのだから。

M: あんたホントに資本主義嫌いだよね。

Y: 資本主義から脱却しても、睡眠時間を確保すべきという主張は根強く残ると思うよ。

M: どうして?

Y: 例えば「寝る子は育つ」って言うけど、寝なくても育つからね。親が子供をさっさと寝せて楽をしようとするための常套句。

M: 今の子って寝るの遅いみたいだけど、あんまり心配しなくてもいいんだね。

Y: 何も信用できないので、ここでは実体験に基づき、睡眠時間と健康に何の因果関係もないとして話を進めます。

M: もうそれでいいよ。

Y: 調査は当てにならないけど、事実は大事にしなければならない。全く睡眠を取らないと調子が悪くなるみたいだから、少しは取る必要がある。

M: 少しってどのくらいよ。

Y: 極論を言うと1日15分。

M: そんなんで本当に大丈夫なの?

Y: 睡眠の話になると決まって出てくるのが、レム睡眠とノンレム睡眠。

M: あー、聞いたことある。

Y: 浅い睡眠と深い睡眠があるよってことなんだけど、レムだのノンレムだのややこしいので、寝ている間にボーナスステージがあると思ってください。

M: 車でも壊すの?

Y: 何時代のボーナスステージですか。

M: じゃあ、あれだ。チクワと鉄アレイが降ってくるやつ。

Y: せめて、スーパーマリオで雲の上に行くような例は出せないですかね。

M: どうでもいいんだけど、なんで睡眠にボーナスステージがあるのよ。

Y: 深い睡眠に入らないと睡眠の効果がなくて、その深い睡眠の時間帯がボーナスステージです。

M: ボーナスステージで何が起きているのよ。

Y: 睡魔退治。

M: まあ、そうなんだろうけど。

Y: ボーナスステージの時だけ睡魔にダメージを与えられます。

M: ボーナスステージ以外の睡眠に意味はないの?

Y: ないです。だから、夜行バスなんかで深い眠りにつけなければ、ボーナスステージに到達できず睡眠時間ゼロの扱いになります。

M: ボーナスステージって寝ている間にどのくらい発生するんだろ。

Y: だいたい90分周期でボーナスステージがきます。

M: 睡眠は1時間半の単位で取ればいいって言われてるのはそのせい?

Y: そうそう。3時間とか、4時間半とか、6時間とかだね。つまり、7時間寝ても6時間寝ても全く同じです。

M: でも4時間半と6時間は違うんだよね。

Y: 思っているほど違いはないよ。寝入ってから、時間が経てば経つほど、ボーナスステージの効果がなくなっていくのです。

M: どういうこと?

Y: 眠って最初にやってくるボーナスステージは眠った直後です。このボーナスステージで睡魔に100ダメージ与えられるとしたら、6時間後のボーナスステージは60ダメくらい。

M: そういえば、ステージが先に進めば進むほど、鉄アレイが多くなってたね。

Y: ハットリくんから離れようか。

M: いつのボーナスステージが、何ダメージ与えるのかよくわからないね。

Y: 寝た直後:100 1時間半:90 3時間:80 4時間半:70 6時間:60 目安はこんな感じです。

M: つまり、4時間半寝ると、100+90+80+70=340 で、6時間寝ると、100+90+80+70+60=400 ってこと?

Y: さらに、前に寝てからだいぶ経っていれば、初回にバイキルトがかかってさらに100ダメ加わります。つまり、4時間半で440ダメ、6時間で500ダメですね。

M: 二度寝三度寝すれば、寝た直後のボーナスステージが何度もできるね。

Y: それはノーカウントですね。一度しっかり起きないと、睡眠が続いている扱いになるよ。

M: 二度寝がダメだとしても、一度しっかり起きて、初回ボーナスだけ狙えばいいの?

Y: 理屈の上ではその通りです。15分くらい寝てまず200ダメ。あとは3回どっかで15分ずつ寝れば計500ダメで、6時間寝た人と同じ効果です。累積1時間の睡眠で、6時間連続睡眠したのと同じ効果ですね。

M: さっき、1日15分くらいで睡眠は足りるようなこと言ってなかったっけ。

Y: 健康上問題ないけど、睡魔のHPが増えていくと睡魔が召喚されて眠くなります。

M: 睡魔のHPって増えるの?

Y: 自分起きている間は、睡魔にリジェネがかかってHPが増えていきます。

M: リジェネってHPがじわじわ増える魔法だっけ?

Y: リホイミでもいいよ。

M: マニアすぎて分からないよ。

Y: だいたい睡魔のHPが500で召喚されると思ってください。6時間寝て睡魔のHPをゼロにしても、昼間起きているとリジェネがかかるので、夜には睡魔のHP500になっているわけです。毎日これが繰り返されます。

M: じゃあ、6時間は寝ないと、次の日眠いということじゃない。

Y: 与えられるダメージは訓練で増やせる。老人の睡眠時間が短いのもそのせいです。1回のボーナスステージで普通の人より睡魔に多くのダメージを与えることができるようになります。これが睡眠時間を短くするということです。

M: どうやったら増やせるのよ。

Y: 慣れでしょうね。睡眠時間が4時間半でも6時間でもあまり効果は変わらないということが分かってしまえば、そんなに難しいことではないはずです。

M: これは寝だめはできないということよね。

Y: HP500の状態の睡魔に対して、6時間寝てHPゼロにしたあとは、いくら寝ても状況は変わらないし、ダメージのストックもできないね。

M: ダメージを多くしても、結局会議で寝てるじゃない。

Y: 眠くなるのは、たくさん理由があるせいだよ。さっきも言ったけど、僕が会議で寝るのは睡眠時間が足りなくて睡魔にダメージを与えきれていないせいじゃない。

M: どうしてそんなことわかるのよ。

Y: ダメージ不足で睡魔が召喚された場合は、会議でピンポイントで眠くなるんじゃなくて常に眠いはずです。

M: 会議で現れる睡魔は、別の睡魔ということ?

Y: 別の睡魔というよりは、睡魔が別の手段でHP強化してきてる。ドーピングです。さすが悪魔。例えば、HP200くらいの状態だったのに、HP300上がる装備を突然身につけてHP500とし、強制召喚している感じです。

M: 何で装備なんて発生するのよ。

Y: 会議がつまらないからです。つまらなさ度に応じて、装備が豪華になり、睡魔が簡単に召喚されるようになります。

M: あんたの睡魔の装備は豪華そうだね。

Y: 僕の場合は、会議が始まると睡魔が黄金聖衣を着用します。破壊不可能です。

M: 他に装備が発生する条件はあるの?

Y: 満腹とか、単純作業とか、やらされ感とか、それぞれ装備が違います。そして、ただ眠ってもそれらの装備は破壊できない。

M: コーヒーを飲むと眠気がなくなるとか言うのは?

Y: 満腹の時に発生する装備に対して、コーヒーは武器になります。

M: 逆にコーヒーでは、他の装備を壊せないということね。

Y: 睡魔の装備はいろいろあるんですよ。睡眠時間を増やしても、睡魔を倒せるわけではないのです。

M: それはわかったけど、睡眠時間を減らして余らせた時間を何に使うのよ。

Y: どうしよう。寝ようかな。。

M: 末永く眠ってください。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。


※Yが語ると胡散臭いですが、今回のお話については、睡眠について長年研究していらっしゃる、堀先生にお話を伺い構成していますので、いつもより信憑性があります。ありがとうございました。興味のある方は下記をご参照ください。
http://www.horimethod.com/

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired