MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

大数の法則

 
サイコロの目は、1回や2回では何が出るか予測不可能だが、 千回、1万回と続けていれば、1が出る確率は6分の1に収束されるという考え方。 注意すべきは、千回、1万回と続けても、やはり次に何が出るのかは分からない。 全体的に6分の1ですよ、というのがこの法則で、 数をこなせばこなすほど磨きがかかる。ベルヌーイが証明した極限定理。 ベルヌーイが証明するまでもなく、ラスベガスや保険事業が儲かっていることで、 この法則が有効であることが分かる。 すなわち、ギャンブルをやればやるほど、大数の法則に捉まる。 ちなみに映画版デスノートで、Lがキラを特定する際にもこの法則を使っているが、 この法則は確立統計学の基礎の基礎で、こんな推理では高校生でもできる。

■本文:ギャンブル

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。