MとY

 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 

五月病

 

Y: いやー、五月病ですよ。

M: 違うよね。

Y: 「毎日がだるく、すべてのことに対して無気力」ぴったり当てはまるよ。

M: あんたの場合、この時期だけじゃなくてずっとじゃない。

Y: 別に5月じゃなくても五月病と言ってもいいんですよ。

M: そもそも五月病って、どんな病気なの?

Y: もともとは、受験戦争後の新大学生が、希望に満ち溢れて入学したものの、新しい環境に適応できず目標もできずで、心身に不調をきたすストレス病だそうです。

M: 4月は気が張っていたものの、ゴールデンウィークで気持ちが折れた感じ?

Y: そう。一種の燃え尽き症候群とも取れる。

M: あんたは、まだ燃えた形跡がないじゃない。生な上に、腐ってる感じ。

Y: レアチーズ?

M: ハイジのチーズのように、炙り焼きにしてあげるよ。

Y: 大学生に限らず、新社会人も新人教育が終わって配属される頃にそんな症状が出たりするわけだ。

M: みんながそんな症状になるわけじゃないよね。

Y: 僕のように真面目で繊細なタイプがなりやすいみたいだね。

M: あんたは「ごがつ病」じゃなくて「さつき病」だね。

Y: 何その病気。

M: 不幸を演じる病気。

Y: 「幸楽」って店ほど、名前と矛盾している店はないよね。

M: 最近の新人の離職率ってすごそう。

Y: IT業界の場合、ひどい会社だと新人の半分が辞めるみたい。この業界は、五月病にそれだけかかりやすいのかもしれない。

M: 入社前の想像と入社後の実際のギャップが激しいのかもね。

Y: 社会経済生産性本部によると、今年の新入社員は「カーリング型」だそうです。

M: あー、そういうの毎年発表されてるよね。

Y: 「氷の上を滑走する石のごとくスムーズに就職でき、周囲がブラシでこすらなければ、減速したり、止まったりしかねない」だ、そうです。

M: まだ働いてもいないのに、何で分かるのよ。

Y: ちなみに、僕の時は「キシリトールガム型」だそうです。「種類は豊富、価格も手ごろ。虫歯(不祥事)予防に効果ありそうだが、味は大差ない」

M: どの年も、ひどい言われようね。

Y: キシリトールって、噛んだらお腹ゆるくなるよね。

M: あんたのような地雷もあったわけだし、その点は当たってるのかも。

Y: キシリトールのマスコットは「キラピーちゃん」です。歯はキラっと、お腹はピー。これほど完成されたネーミングは出てこないと思う。

M: そういうピーじゃないと思うよ。

Y: キラピーちゃんくらい、納得できるような型を命名しなければならない。

M: どんなのよ。

Y: 「パンダ型」レンタル費用1億円の超大型新人。白黒はっきりしてる。

M: どこが納得できるような型なのよ。

Y: 「ガス田型」類まれなる自己主張ができる。他から何を言われても、その心は揺らがない。

M: そんな新人いらないって。

Y: 「聖火型」自己権威を周囲に誇示する。受け入れた部署は穏便にプロジェクトを進める勉強ができる。

M: 燃え尽き症候群になるよ。

Y: まあ、五月病プロの僕からすれば、五月病なんて病気ではないです。

M: だからあんたは五月病じゃないんだって。

Y: 無気力が基本で、気力がある方が異常。夢や希望に満ち溢れていることは悪くないけど、別にそうなる必要はない。

M: スピリチュアルより性質の悪い説法ね。

Y: 世間では、生きがい・やりがいのある仕事をしないと負けみたいに言われてるけど、仕事というのは自分の気持ちとは無関係に、社会貢献できていればそれでいい。

M: 無気力だろうが、偽善だろうが、社会貢献があればいいってこと?

Y: やらない善より、やる偽善。気持ちなんてどうでもいい。身体を動かせ。社会貢献は義務。

M: その身体も動かないのが五月病なんじゃない。

Y: そこは鍛えていくしかない。気持ちが遠くにいってしまっていても、身体が機械的に動くようになれば完治。

M: むしろ悪化してると思うんだけど。

Y: 無理に気持ちと行動をシンクロさせようとするから、しんどくなるんだってば。

M: 気持ちと行動が一致してないから苦しいんだってば。

Y: その苦しみを抜ければ、悟りの境地。むしろ五月病こそが本来の自分。ビバ五月病。

M: あんたは、アルプスにでも行って、自分を取り戻した方がいいよ。コヤリの上でアルペン踊りでも踊ってきたらいい。

Y: アルプス一万尺のアルプスは、日本アルプスだよ。

M: そうなの?

Y: コヤリっていうのは小槍。槍ヶ岳の隣のクライマー御用達の山。その小槍の高さが、3,030mで一万尺。

M: じゃあ本場アルプスで、おんじにチーズでももらってきなよ。

Y: アルプスはあのブランコが怖いから嫌だ。あれ、振り子周期から計算したら、60km/h以上出てる。

M: それにハイジは笑顔で乗ってるの?

Y: そんなアーデルハイドに、クララは「意気地無し!」って言われてしまう。クララってすごいなって思う。僕だったら二度と立ち上がれない。

M: あんたがクララだったら、「立つ必要がない」とか言っておしまいじゃない。

Y: アルプス怖い。五月病悪化するわ。寒いし。

M: 寒いのは関係ないよね。

Y: おやすみ。

M: おやすみ。


幸楽
パンダ型
ガス田型
聖火型
スピリチュアル
やらない善より、やる偽善
アーデルハイド

関連記事

  Share (facebook) Check LINEで送る
 
 
 
 
 
 
Profile
 

kashiwai

  • Facebook : Yu-ki Kashiwai
  • Line : y.kashiwai
  • mixi : kashiwai
  • Twitter : @kashiwai
  • Mail : y.kashiwai at gmail.com
  •  
     
     
     
     
     
    E-Book
     
    「MとY」電子書籍
    http://wepublish.jp/
     
     
     
     
     
     
    S.Link
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    Search in M&Y
     
     
     
     
     
     
     
    All
     
    全タイトルを表示
     
     
     
     
     
     
    Twitter etc
     
     
     
     
     
     
     
    Inspired
     
     
     
     
     
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。